東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春の四大学交流会(略して春四)

この前初めて大濠公園能楽堂に行って来ました、優です。近々、厳島神社の能舞台も見に行く予定です。

さて、東大、京大、名大、神女の四大学が集まる春四が、3月11~13日に京都で行われました。
京都に行くのは、中学校の修学旅行以来で、私は前日入りして、観光を楽しみました!(お目当ては新選組ゆかりの地)

一日目は午後に集合して、ホテルで素謡会だったのですが、そのホテルが「ホテル本能寺」という本能寺直結のホテルでした!信長の「人生五十年」で有名な敦盛は、幸若舞ですが、能の敦盛の連吟か仕舞をやったら、面白いだろうなと思いました。
素謡会では京大の「海女」が迫力があり、かっこよかったです。

夕飯は4つのコースに分かれて、京大観世おすすめのお店に足を運びました。私のコースは京大付近にあるお蕎麦屋さん。胡桃をすりつぶして、蕎麦の薬味にして食べるという、何とも贅沢な体験をさせていただきました!

二日目は、ホテルから徒歩圏内の大江能楽堂で、仕舞や舞囃子の発表会です。大江能楽堂はとても歴史を感じさせる色合いのお舞台で、見所は二階席までありました。
私の仕舞は巻絹キリだったのですが、袴がエンジで、しかも足拍子で裾を踏むほど下がってきていたので、本物の巫女みたいだったようです。(黒紋付きではなく、白の着物の方がよかった?)
拙い舞台ではありましたが、観に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

二日目の夜はお楽しみの夜舞台です。かつらとドーランとリンゴを用意して、富士太鼓の世界にデスノートが存在したら、という劇(?)をしました。内容はご想像にお任せします。

意外と長くなったので、今日はここまで。

(優)

スポンサーサイト

PageTop

第67回駒場祭 能狂言研究会合同自演会

おでんの具の中では、大根の次に「餃子巻き」が好きな、優です。
餃子巻きとは、餃子がさつま揚げのような練り物で包まれているものです。
あっさりとしたおでんの出汁に、こってりとした餃子の脂身がたまりません!
帰省した時には、必ず食べようと思います。

さて、駒場祭についてです。
今年は土曜日のお昼頃の開演となり、来場者数が予想を大きく上回りました。
お忙しい中、900番講堂まで足をお運びいただいた皆様、ありがとうございました。

今年は去年と異なり、舞台設営を当日に、しかも10分で終わらせなければいけなかったので、どうなることやらと心配していたのですが、事前準備と当日の協力の甲斐あって、無事に開演に間に合いました。

自分の仕舞については、反省点が多数あります。慣れないシートの舞台に足を取られたり、型を間違えそうになったり、止まるべきところで止まれなかったりと、型をこなすのに手いっぱいで、「見せる」ことまで意識が回っていませんでした。自演会まであまり時間はありませんが、後悔しない舞台になるよう、稽古していきたいと思います。

駒場祭とは関係ありませんが、23日に「烏帽子折」を見てきました。”チャンバラ能”は初めてで、切り組みの場面はとても興奮しました。太刀を交えた後に、前方宙返りや飛び安座、仏倒れを華麗に決めて退散していく姿がかっこよかったです。あまり能を見ているという感じではなかったのですが、アクロバティックなものもまた一興ですね。
松明を投げ込んでいく三人の間狂言の演技では、狂言の面白みが前面に押し出されていて、たくさん笑わせてもらいました。間狂言は語り中心と思っていたので、これは新しい発見です。
ぜひ次のチャンバラ能は「土蜘蛛」を見たいと思います。

(優)

PageTop

五交会2016(7月第一週)

Kです。

7月3日(日)は杉並能楽堂で五交会でした!
いまさらかもしれませんが、五交会は法政・一橋・日本女子・早稲田・東京の五大学合同で毎年7月の第一週に行う発表会です。
新入生のお披露目&初舞台としての位置づけもあり、会の前半では新入生による初々しい「熊野」・「紅葉狩」が次から次へと披露されるのです。新入生はみな多少なりとも緊張しているようで、切戸口に頭をぶつけるなどといったハプニングもありましたが、無事に初舞台を終えることができました。なんというか……微笑ましささえ感じますね。可愛い後輩ができて、そうかいよいよ私も2年生になったんだなぁ、と実感します。

さて、私は「清経キリ」を舞いました。おおむね稽古通りにできたのですが、いくつか上手くいかなかったところもあります……。どうやったら本番で100%を出し切れるのか……。永遠の課題です。
しかし夜の懇親会では他大の先輩にお褒めの言葉もいただくことができて、内心ガッツポーズでした!これからの稽古の励みになります!

また、五大学“交流”会ですから、他大の先輩・同期・後輩と交流することもできました。他大の後輩の着付けを手伝ったことがきっかけでお喋りしたり、同期の舞の上手さに愕然としたり、現代の絶滅危惧種・ガラケーユーザーの先輩にシンパシーを感じたりしました。

舞台はもちろん懇親会まで含めて非常に充実した会でした。幹事校の法政大学のみなさま、ありがとうございました!!

しかしこの日は暑かったですね。東京の最高気温は35℃近くにまで達したそうです。実は個人的な趣味で自宅アパート~能楽堂間(約5km)と能楽堂~懇親会会場間(約4km)は徒歩で移動したのですが、汗だくになってしまいました……。

それでは、今日はこのあたりで。

(K 拝)

PageTop

春の会

春の会に向けて袴のほつれを縫いましたが、当日さらなるほつれに気づきました、完です。

5/14(土)は春のOB会でした!現役もゲスト出演という形で参加させていただきました。
連吟や素謡などで初めて聞く曲が多く、楽しかったです。また女性の地謡などを聞いていて、どうにか似たような謡い方、というか声の出し方ができるようになりたいなぁと思いました。

最近は電気ケトルが普及しているので、お茶用のお湯をヤカンで沸かす際、沸騰したしていないの見極めで現役内の意見が錯綜したのが面白かったです。
斯く言う私も電気ポットの蓋の開け方がわからなかったのですが…。
昔は我が家でも使っていたのですが、少し使わないだけで簡単に使い方を忘れてしまうものですね…。



(完)

PageTop

今週の柏蔭舎(4月第二週)

Kです。

今週の土日は新歓能楽座でした。お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました!楽しいひとときを過ごしていただけたでしょうか?
初めて能にふれたという方もいらっしゃるでしょう。そんな方には観世会の観能企画をお勧めします!私たちも一生懸命お稽古しているのですが、当然ながらプロの能楽師には敵うわけがありません。この程度のものが能だと思って欲しくない!というのが実は私の本音です。無料招待ですのでぜひ。
また、実は会員のお友達の方などもいらしていたのですが、これを機会に少しでも能楽(能・狂言)に興味を持っていただけたらと思います。たとえ能楽のお稽古をするわけでなくても、ましてやプロになるわけでなくても、良き理解者が増えることはとても大切なことなのではないかと思います(もちろん一緒にお稽古できたら嬉しいというのは一番にあるのですけれど!!)。
アクシデントもなかったわけではありませんが、三派合同で無事新歓能楽座を終えることができてほっとしています。私はずっと襖の裏でタイムキーパーをしていたので宝生・狂言の演目を見ることができなかったのは少し残念ですが……。

さて、私は仕舞「葛城キリ」を舞ったのですが、12月に自演会で舞ったときと比べて少し違った印象を受けました。ここ数週間の稽古のときからそうだったのですが、体の使い方といい声の出し方といい、(別に特段上手になったというわけでもないとは思うのですが)なんだか変化が起きているのを感じました。すぐ肩に力が入るだとか気を抜くとハコビが雑になるだとかいう悪い癖は直せていないのであれなんですけれども……。

それでは、今日はこのあたりで。

(K 拝)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。