東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

能の伝統とは何か

 観阿弥・世阿弥父子により大成された能は舞・楽・詞というそれぞれ芸能的・文学的要素を併せ持っている日本中世を代表する総合芸術であると言える。この能は先行する古代の芸能・文学を受容・発展させながら、さらには近代の歌舞伎・浄瑠璃の「本行」として強い影響を与え、近・現代の種種の文学作品の素材・典拠ともなった。この能が成立した社会的背景と能が600年以上もの長い間断絶されることなく維持できた歴史的背景には当代の権力者と寺院の庇護があり、明治維新前後には「近代」を受け入れ「前近代」を排斥する流れから能を守るための努力があった。すなわち、 舞・楽・詞に政治・社会までもが一体化しているのである。このように、能は、如何なる形であれ、ほぼ日本の全時代と有機的な関係を持っており、当然その享受の歴史も長い。即ち、能は長い伝統を持っているといえる。

 では能の伝統とは一体何だろうか。伝統とは「ある社会が長い歴史を通じて培い伝えてきたモノ、そしてその中心をなす精神的在り方」と辞書的定義ができるが、その、「精神的在り方」というところに私は注目したい。

 能の曲目に「翁」がある。「能として能にあらず」というが、ここでの「能」とは、おそらく現代の我々の目から見て思う「能」であろう。というのは、おそらく「翁」の成立した頃の能というのは今とは違い、かなりダイナミックな要素を多分に多く内包していただろうと思われている部分があり、その身体性なども今のカマエなど成立する前の時期であるから、今のカマエによって成り立っている身体性とは異質なところがあると推測できるし、能の先行芸能であったと思われる散楽や田楽などの存在も念頭に置く時、当時の「能」というのが今我々の享受しているような形そっくりの能とは言えない部分があると言えるからだ。能の装束だって今に見るあの華麗な装束は勿論安土桃山時代以降のものであって、世阿弥時代の能の装束というのは今とは違うと思われるし、上演時間の長短など、どこを取ってみても、今の「能」は昔の能とは相違するところがあると言える。

 しかし、にもかかわらず、それでも同じ能ということに変わりはないだろう。それは、時代によって能が変わったといえ、上記の「精神的在り方」が同じである限り、これからまた如何なる形に変化しようと能であることに変わりはないからだ。またそれは、例えばインドのシブァ神がどのような姿で現れてもその神の本性に変わりはないということとも同じことではなかろうか。

 限られた紙面の中、多くのことは書けないが、要は能の伝統とは常に変化していくものであって、だからこそ能は昔のものであると同時に、これからも進歩しつづける未来のものでもあるということを、能を享受する我々は常に意識する必要があるだろう。

 以前、観世会の河田 学氏は能の上達のために「正しい努力が必要だ」と言われたが、その「正しい努力」とは、実は能の上達だけでなく、能の伝統の、その精神的在り方のためにも必要であることを、改めて感じている今日この頃である。

By Noh

(この文は一部を除き自演会パンフレットに投稿したエッセーに基づいております。重複投稿ですみません)

スポンサーサイト

PageTop

トラブルだらけの発表会

去る11月25日(土)、駒場祭にて東大宝生会、東大狂言研究会と合同で、合同発表会を行いました。

今回舞台として使ったのは900番講堂と名づけられた教室で、教室の前方に大きな舞台がしつらえてあります。能狂言が専門に使う舞台ではなく、合唱や楽団などの他の団体も使う舞台ですので、これを能楽堂と同じく三間四方の舞台に加えて横板と橋掛、といった舞台に作り直す必要が有ったのですが、これがまた一苦労でした。

開演は9時からだったのですが、前日からの舞台の設営は出来ず、当日の朝7時半に舞台設営のために集まりました。

作業としては市販のフローリング板(これがまたすべりが悪くて舞いづらいのなんの!)を張り合わせて舞台と横板、それに橋掛を作り、後ろに鏡板(能楽堂に入ると見える大きな松が書いてある、あれですね)を据えて、橋掛の先にお幕を取り付けて完成、となるわけですが、ここで大きな問題が発生しました。

例年ですとフローリング板と板の間を、透明な梱包用のテープで止めていたのですが、今年に限っては何故かテープが見つからないというアクシデントに見舞われました。早朝という事もあり文具店や雑貨店は閉まっており、仕方が無いのでフローリングと色が似たクラフトテープで張り合わせる、という事で一応の解決を見ました。

そうして、大慌てで舞台の設営を終え、何とか開演時間前に全ての作業を終えることが出来ました。

照明も本式の舞台と比べると十全ではなく、舞台としてもなんとも不恰好で、時間も9時からという都合のよくない今回の舞台でしたが、多くの人が足を運んで下さったことには本当に感動しました。そして開演時間から舞台を見に来てくださったOBのB氏、T氏のお二方にはこの場を借りてお礼をさせていただきます。
negi

PageTop

コミプラ稽古

今日は駒場コミプラで自由稽古がありました。
試しに面をつけさせてもらったのですが、なんか不思議な感じでした。
自分の立位置とか、腕がどういう位置にあったりするのかとかが非常にわかりにくかったです。

関係ないけど今日学んだ?こと。

仕舞について→飛び返り時、右足はカカトで踏み切った方が(足の真ん中でやるより)キレイに(変に体の位置がずれたりしない)やれる気がした。

謡について→変に音程を一定に保とうとしすぎない?根っこ!

適当な文でスイマセン…
                     Hasegawa

PageTop

一橋自演会に行ってきました。

昨日11/11(土)は、いつもお世話になっている
一橋観世会の舞台「くにたち学生能楽会」に、
賛助出演をさせて頂きました。

場所は一橋大学キャンパス内の笠松講堂でした。
去年来た時も思ったのですが、この笠松講堂は外装も
内装も西洋の神殿のような、荘厳な雰囲気を醸し出しており、
感じ入るものがありました。

 一橋の皆さんの仕舞や舞囃子などを観ることは、同じ能楽のサークルに所属し日々稽古をする身として非常に良い刺激になりました。

そして能「箙」。特に、静かな前場が終わり、後シテが現れ「白刃骨を砕く苦しみー」と激しい調子で始まるノル地に合わせ舞う箇所は、短い部分ではありますが、その後のキリなどの部分
以上に鮮やかに印象に残りました。

 自分たちが年末の自演会で出す能「小鍛冶」も、こんな風に迫力あるものに出来ればと改めてモチベーションの向上になりました。

                          Hasegawa

PageTop