東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

はじめてのまいばやしじがしら

 Hasegawaです。3/10~12に神戸で行われる春の四大学交流会で東大が出す、「舞囃子高砂」の地頭を勤めさせて頂くこととなりました。地謡に入った舞囃子の数はこれで7番(プラス能1番)ですが、地頭は初めてです。囃子を意識しつつ地をリードするというのは、なかなか今までの謡と勝手が違い、戸惑いを隠せません。 

 曲が高砂ということで、やはりというべきか、神舞前の非常に長い拍子不合の部分をどう謡うかが難しい。囃子を聴こうとは思うのですが(これがまた、太鼓が上がってくる箇所ではスゴい音になってビビる…)、それに気をとられて謡が変に間延びしてしまったり、シテ謡との間がブツンと切れてしまいそうになったり…。囃子が手を打つ時間を確保しつつ、如何に間延びして聴こえないようにするか、みたいな。
 あとは初番目物らしく、調子を張って謡うというのも、何回も注意を受けるのですが相変わらず難しい。

 初番目物の中でも代表的で華やかな曲なので、良い謡が謡えるよう工夫をしていきたいです。

 あとは第二外国語の試験が通っていることを祈るばかりです。僕は3年になれるのでしょうか…あっ、どうでもいいですか。

スポンサーサイト

PageTop