東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

セルリアンタワー能楽堂企画公演

まず、ブログに公演案内について書くことをご容赦ください。


セルリアンタワー能楽堂企画公演

「能に親しむ―三代の継承―」という副題のもと、5月23日(金)6時半よりセルリアンタワー能楽堂にて行われます。関根祥人先生がシテとして能〈羽衣〉を舞われます。
詳しい公演情報に関しましては、→ここ←をクリックして下さい。
この企画公演は、副題の内容からも察し得るように、主にお能の初心者たちをターゲットにしており、関根祥人先生が直接当日の番組である能〈羽衣〉に関して解説して下さり、お能の装束も見せて下さるようです。
また、公演後、「親・子・孫へ伝える」という題のもと、関根祥六・祥人・祥丸先生のお話が行われる予定です。


以上のような内容の公演なので、特にお能に興味持ちの新入生の方々は是非、行ってみてはいかがでしょうか。

Noh

スポンサーサイト

PageTop

囲碁にかける思い

なにか観世会員で同じ授業をとりましょうよ。
ということになって、阿部、池内、坂本で囲碁の授業をとることにしました。
でも人数制限があるんですよ、36人までですって。
36人中3人が観世だったらと思うと我ながら笑えてきます。

ともあれ 笑っている場合ではありません。
受講者選抜のための小論文テストが行われました。
テーマは「この講義に対する意気込み」

まず、いかにもありそうなことですが、阿部、坂本は教室を間違えてそこでひたすら開始を待っていました。
やっとの思いで正しい教室へたどり着くと、池内氏がカワセミみたいな顔で頬杖をついて待っていました。
仲良く3人並んで座って、ゆで卵のように真面目くさって先生の話を聴きました。
そして真面目くさってかりかりと作文をし、みんなすました顔をして先生に提出しました。
観世会員がせっせと作文をするという貴重な機会を目の当たりにしたことでした。

坂本「がーーーーーって書けばね、通るよ。がーーーーーーって。」
体育会系
阿部「池内くん理論武装してきたんでしょう」
池内「『囲碁殺人事件』が解らなかったから、って書いたよ」
てきとーだ・・・
しかし
池内「最初にちょっと変わったこと言って後半真面目な話すれば良いんだよこういうのは」
要領は良い
坂本「落ちる気がしない。根拠のない自信がある。」
おー。
坂本「前に倍率1.1倍の授業の抽選に落ちたことがある。」
!?

阿部は紫式部と碁の関係について論じました。
うっとりするほど胡散臭い作文ができたので選考員が変態だったら確実に受かると思います。

このあと3人で立て看板を撤去しました。
更にそのあと
池内:そそくさと仮面ライダーの映画へ
坂本:6限目のガイダンスへ
阿部:夕飯の買い出しへ
行きました。
三者三様、まるで3匹の子豚です。
合格者発表は18日(金)です、お分かりの通りみんな自信満々です、たのしみですね。

PageTop

新歓能楽座

12日と13日は新歓能楽座でした。
新入生の方が来てくれるのかドキドキしていましたが、
想像以上にたくさんの方に来ていただき嬉しい気持ちでいっぱいです!
新入生達が少しでもお能に興味を持って、練習にも見に来てくれるといいですね(^^)
2年生をはじめ、指導してくださった先輩方、本当にありがとうございました。

さて、今度の練習後にはお楽しみの柏企画があります!!
皆さん、是非焼肉を食べにきてくださいね~



                                           げぃたん

PageTop

当たって砕けろ!

とは、サークルオリにて新入生の方を誘うために私が用いた戦法です。
古臭い戦法なので相手側にもミエミエのはずです。
しかしながら、この戦法、意外と効きます。今更ですが。

毎日ビラ配りなどに参加されている部員の方々に申し訳ないという思いで、休部の暇人である私の参加でした。
出番は4月3日のビラ配りと7日のサークルオリでした。
3日は普通のビラ配り。「おはようございます!東大観世会です!」と明るくこちらをPR。
7日はサークルオリ。限られた時間の中、どうすれば新入生の方をサークルオリの部室まで誘うのかが問題。
しかも私には午後3時まで2時間弱との限られた時間。

今までの幾つかの経験によって私は、本能的にグループより(グループは他の友人の意見を聞くため大体の場合誘いにくい)個人、一人で歩いている人を目標にとにかく誘い始めました。
「当たって砕けろ!」
新入生の方は仮にお能に興味はなくても、お能の部員の「誠意」と「熱意」を持った誘いには負けるものです。
結果、1時間半で3人の誘い(うち、1人は河田先輩が途中助けてくれました)に成功しました。勿論他の部員の方はもっと誘ったと思いますが、もう院生で年寄りの私の誘いなど誰も受けてくれないと思った次第でしたので、少しでも役に立ってよかったと思います。
(正直、素直に嬉しかったです。年寄りでもまだまだイケル(笑)。誘われた新入生の方に感謝、感謝。是非入部して下さいね♪)

一つ残念なことがあったとすれば、最後に誘った新入生の方が、観世会のサークルオリの席が満席となったことを見て、待てませんと参加せず行ってしまったことです。逆に言えば、多くの新入生の方にご興味を持って頂き、有難いことです。

部屋の中には経験豊富な中島・長谷川先輩などが温かく新入生の方を受けてくれました。
勿論、会長の坂本さん・池内さん・阿部さんのご活躍、そしてそれを大らかな気持ちで見守りながらすべてのことに率先して頑張ってくださった河田先輩には一つも二つも教えて頂きました。

皆様今日は本当にお疲れ様でした。

Noh

PageTop