東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏陰舎(10月第五週)

我慢をすると良いことがあるのでしょうか。今週はお菓子もたくさんあり、柏企画もあり、楽しい一日となりました。

まず、お稽古のところから順を追ってお話ししましょう。
午前中、女性陣は舞囃子「敦盛」のお稽古をしていたようです。M葉さんが「一日中柏陰舎にいることになるんですよ」といっていました。能「田村」のワキツレをする僕も、一日柏陰舎は何回か経験していますが、なかなか大変なものです。しかも今回は柏企画まであるので、もし9時からお稽古していたとすると丸半日柏陰舎にいることになるのです!
さて、1時になるといつものお稽古が始まります。今回は会長はワキのお稽古で、M鍋くんはTOEICで遅れて来ましたが、そのほかの面々の集合率がよく、賑やかなお稽古となりました。先週の少人数が嘘のようです。
2時からは、笛を吹いてくださるOBのI川さんがお見えになり、舞囃子「敦盛」のお稽古が始まりました。シテはTさんです。一回通し終わった後のTさんの恐縮ぶりが笑いを誘っていました。
さて、それが終わると話し合いになりました。今日のおやつは、日本女子大さんに賛助に行ったときに頂いたクッキーと、2年生の新潟土産のおまんじゅうです。新潟土産は、箱に「越後屋、おぬしも悪よのう」と書いてあり、箱を開けるとまんじゅうの下に小判型のクッキーが入っているという趣向。T津さんと一緒に悪代官ごっこをしました(良い先輩だなあ)。話し合いでは、今後三回の師匠稽古で出す演目を決めました。
話し合いのあともばしばしばしといろいろな仕舞をあわせ、もう一つの舞囃子「養老」のお稽古をしているうちに、一方では柏企画の準備が着々と始まりました。
今回の柏企画は、「Y口さんお帰りなさい」の柏企画です(の予定だったのですが、お誕生日の二人に持って行かれた感があります)。メニューはカレーうどん。日本のカレーが苦手というI内さんが食べられるのか心配されましたが、大丈夫でした。とてもおいしいカレーうどんでした。そのほかにも、先程I川さんに頂いたおまんじゅうや、I橋さんが品川駅で買ってきてくださった、断面が「品」の字になっているロールケーキ、さらにI谷くんとT山さんのお誕生日につき企画者が用意したケーキ、ゑさんが持ってきてくださったおせんべいなど、盛りだくさんです。なんだか、1か月分くらいの幸せな食事を一度にとってしまったような感じでした。
会話も盛り上がり、I谷くんがくすぐりに弱いことが発覚したり、春四のコンパ芸の話をしたり、来年の話をしてしんみりしたりしているうちに、あっという間に9時になってしまいました。
いやはや楽しい一日でした。本当はもっとたくさん、書けることがあったはずなのですが、あまりに楽しかったので思い出せなくなってしまいました。「楽しかった」ということだけが印象に残ってしまって詳細がわからなくなること、ありますよね。

「今日のおやつ」
大量・豪華。

さて、だんだん、朝寒さで目が覚めるようになってきました。風邪の人も(って毎回書いていますが)多いようですのでお気をつけください。幸い、東大観世会内のは風邪人はいなくなったようです。このまま誰も体調を崩さずに自演会に突入できれば良いですね。

どうでも良いことなのですが、僕は褒められないとやる気を失ってしまいがちです。このほどTwitterをやめたので、コメント欄だけが頼りです。どうぞ皆さん、コメント欄で褒めてください。よろしくお願いします。

ではまた来週です!

(五)

スポンサーサイト

PageTop

今週の柏陰舎(10月第四週)

今週は朝に師匠稽古、昼から通常稽古で、大方の女性たちは師匠稽古のあと日本女子大の学園祭に賛助出演しに行きました。
今週も風邪気味の人がちらほら、特にM葉さんは、この後賛助に行って生きて帰ってこられるのかしらと心配になるような感じでした。寒くなった……と思った翌日には暑かったり、また急に寒くなったりしているので、みなさま気をつけてくださいね。ちなみに夏の間三度ほど体調を崩して寝込んだ僕は、いまは何ともありません。単に冷房に弱かっただけのような気がしています。
さて、師匠稽古を終えて「怒られたすがすがしさ」のようなものを感じながら中井の駅に向かい、高田馬場で賛助組と分かれてみたら、残ったのはなんと六名。渋谷でご飯を食べて柏陰舎に向かいました。途中で会長が消えてしまったのでどこへ行ったのかと思ったら、本屋へ寄っていた模様。……会長は本が好きですからね。
柏陰舎に着いてみると、玄関前に蚊柱が立っています。こいつらはいったいいま何月だと思っているのでしょうか。10月も末ですよ。君たちがのこのこうろつく時期じゃない。蚊は蚊「らしく」。わきまえていただきたいものです。
どこぞの部室で待っていたらしいK林さんが合流して、さあ3時なので話し合いか、それともお稽古するか、と思うのですが、皆疲れ切って寝転んでしまいました。そこに会長が来て、彼の元気のおかげで話し合いが始まりましたが、始まってはみたものの話しあうべき事柄がなく、お菓子もなく、宙ぶらりんに浮いてしまいました。気を取り直してお稽古をはじめ、女性がY口さんしかいないので全部男性地でM鍋くんの「羽衣クセ」をあわせ、K林さんの「経正クセ」をあわせ、K村さんの「屋島」をあわせ、T瀬会長の「嵐山」をあわせて、7時になったのでお稽古を終えました。

「今日のおやつ」
なし! ……なし……なし。

「今日の会長」
途中で本屋に寄りました。

(五)

PageTop

今週の柏陰舎(10月第三週)

今週はまた、午前中に「田村」のお稽古がありました。大皮を打ってくださるOBのO井さん(音の連なりが面白いですね)がおやすみだったので、今回は通してのお稽古はせず、要所要所をあわせていく形でした。小鼓のI内さんが拍子盤で大皮と小鼓をあしらい、それと地謡があわせて練習をしていました。地謡の方も、二年生三人が新潟大学観世会の発表会に賛助出演しに行ったためにおやすみで、三人というさびしい状況でした。ワキ、ワキツレは独立して練習したのですが、やや迷走ぎみでした。
11時半頃にはいったん終わって、K村さんが誕生日なので男性陣は筑駒(筑波大学附属駒場高校)の近くのラーメン屋に行きました。I内さんの誕生日の時もラーメン屋に行ったのですが、誕生日にはラーメン屋に行くという風習があるのでしょうか。濃厚な豚骨ラーメンでした。
1時からは再びお稽古。先述の通り二年生不在で、K太さんが風邪気味のためラーメンを食べたあと帰ってしまったので、人数が少ないお稽古でした。……いつもブログを書くために注意深くまわりを見て記憶しているのですが、今回はなぜか(つい昨日のことにもかかわらず)まったく記憶がありません。したがって、ほとんど書けません。申し訳がありません。いつもよりも仕舞をあわせていた人が多かった……気がします。I内さんが女郎花を初めてあわせていたのを覚えています。あ、そうだ。一年女子二人の「鶴亀」と「櫻川クセ」は自演会では男性地の予定なのですが、日本女子大に賛助出演に行くときは女性地にするため、今回は女性地で練習をしていましたね。最後の方では、会長と一年生で素謡「土蜘蛛」の練習をしました。言葉の部分は難しいですね。頼光のM葉さんも、ワキのS籐さんも苦心をしていました。
一番最後は五年生一人、四年生一人、三年生一人……一年生五人! という超常空間でした。

「今日のおやつ」
なしでした。ありのみだったわけじゃなくて、なし(ゼロ)です。こんなことは久しぶりです。会員諸氏は積極的におやつをもって来たれたし。来週は二年生の新潟土産があるような気がします(なんてこと、言うものではないですね(笑))。

さて、学校が始まってもう二週間。夏休みでぼけきった頭と体が徐々に元に戻ってきているような感覚です。朝もちゃんと起きられるようになりました。光陰矢の如く、どんどん一年が過ぎていく感覚が、なんだか恐ろしいような気がしています。二年生は新潟で来年の人事について話しあったのでしょうか。もう、そろそろ次の年の気配を感じ始めています。

ではまた来週です!

(五)

PageTop

今週の柏陰舎(10月第二週)

今週は、祥六先生門下のお素人会、「閑祥会」がありました。東大観世会も、朝に連吟と仕舞を出させていただきました。僕にとっては、慶応の自演会に賛助出演させていただいた時に続き二度目の観世能楽堂でしたが、その時とは全然違う雰囲気に緊張しっぱなしでした。
その後、1時までには柏陰舎に移動して、通常のお稽古を行いました。始まって早々I内さんとK太さんは、アゴラで行われていた母校の演劇部の発表を見に、I谷くんを連れて出かけてしまいました。残された男子は会長と僕とM鍋くん。女性は舞囃子「敦盛」のお稽古をしているので、男子三人、何をしようか、としばし考え、僕とM鍋くんの仕舞をあわせた後は各自練習をしました。
三人組が帰ってきてしばらくすると、話し合いになりました。難しい問題があって、議論が紛糾こそはしなけれども、1時間くらい時間がかかりました。一年の身からは今ひとつピンと来ませんが、世間は難しいなあ、と思いました。特に、東大観世会は大学生がある種特殊な世界である能楽界と関わろうとしているわけで、両者の断絶が問題を生じることも、時には避けられないのでしょう。
話し合いの後には、コミプラの代表者や柏陰舎会議担当、学友会担当などの上級生から一年生への交代を決め(いままでは、唯一の駒場生であったT山さんに負担が集中していましたが、これで少しはその負担が減らせたのならば良いのですが。)、さらに二年生とI内さんは来年の会長や能のシテなどの人事について話しあっていました。どうなるのでしょうかね。
さて、話し合いが終わってからはどんどん人が帰って行ってしまい、なんだかとっても少人数になってしまいました。女性陣は再び「敦盛」のお稽古、上級生男子で残っていたI内さんとK太さんもそちらに入り、一年男子は放置プレイ……。放っておかれることはしばしばあるので、まあまあ、各自できることをやっておりましたが、見かねたT津さんの指導の下、素謡「土蜘蛛」のお稽古をすることになりました。シテはI谷くん、胡蝶が僕、トモがM鍋くんなので、頼光とワキがたりません。頼光は僕が、ワキはM鍋くんが代役することにして、途中の語りの部分を除いて通しました。来年以降は僕たちが新入生に教えなくてはいけないわけで、今年ちゃんとお稽古をしておかなくてはなりません。
そんなこんなで、6時半頃にはおしまいになり、長い一日が終わりました。

「今日のおやつ」
会長の長崎土産のカステラ、M葉さん(余談ですがこの伏せ字は音のイメージとかけ離れていて違和感がありますね)の北海道土産のバターサンドとクッキー、T津さんの愛知土産のおしるこサンドスティックと、T津さんとY口さんが昨日食べたお菓子の残りという充実したラインナップでした。カステラはナイフがなかったために会長が割り箸をもって苦心して切断しました。今週は種類も多く、どれもおいしく、幸せでした。ありがとうございました!!

さて、学校が始まって、僕はかなり長時間部室にこもっているのですが、T山さんが半分本郷に移り、またT瀬さんが来なくなったことでほとんど人が来ず、さびしく過ごしています。一年生にはぜひ来ていただきたいものです。また、本郷の先輩方も暇があればぜひ。他大生の会員でも、会員証を作れば鍵を借りられますので、ぜひ来てください!

ではまた来週です!

(五)

PageTop

今週の柏陰舎(10月第一週)

あれよあれよという間にもう10月、われわれフレッシュな一年生も、もう入会から半年です。
さて、今日(10月2日のこと)は朝から能「田村」のお稽古があった後通常稽古、一部の人は都合9時間柏陰舎にこもることになりました。

今週も相変わらず風邪が影を落としており、T津さんは午前中休み、K村さんも体調が悪いらしく、午後早くお帰りになりました。急に寒くもなりましたから、ますます気をつけなくてはいけないかも知れません。
そんなわけで、午前中「田村」稽古では、地謡の「気合い担当」T津さん、T山さん(こちらは帰省中)の同郷コンビがおらず、さびしかったです。

今回は、一通り通して、それから部分部分復習、という形のお稽古でした。不肖私はワキツレをつとめさせていただくのですが、畳の上とはいっても初めてのワキ坐り1時間(本番は間狂言が入るのでもっと伸びます)。どうなることやらと心配しましたが、無事に立ち上がることができました。もっとも、坐ることに集中していたせいでその間のことがまったく記憶になく、午前中のことはなにも書けません。お許しください。

お昼を食べて、午後、なのですが、ちょっとお昼が延びたようです。2時頃から本気を出しました。

いつもは3時頃から話し合いなのですが、今日は留学していたY口さんが復帰するということで、それを待ってから話し合いにしようと、3時からは連吟「田村」の稽古をしました。女性の声にあわせるか、男性の声にあわせるか、真ん中らへんにするか、侃々諤々議論した結果、結局最初の予定通り、女性の声にあわせることになりました。そうすると男性の断末魔が聞こえたりもするのですが、なるべくそれを隠すように努力しよう、ということです。僕は普段なんとなーく高さをあわせて女性の先輩に謡を教えていただいたりもしているので、あまり意識していないのですが、今回のようにきっちり合わせようとすると、やっぱり男女の声の高さは違うものだなと、妙に感心してしまいました。
そうこうするうちにY口さんが登場、われわれ一年は初対面となります。まだ、ほとんどお話ししていませんが、どうぞよろしくお願いします! 
Y口さんは自演会でいきなり大活躍の予定です!!

「今日のおやつ」
今日のおやつは、Y口さんのドイツ土産のチョコレート、H本さんの安曇野土産のおまんじゅう、S籐さんの京都土産の生八つ橋でした。ありがとうございました! T津さんもなにやら持ってきてくださったのですが、次週へ持ち越しとなりました。

「今日の名言」
I内「ほっぺがぷにぷにする」

さて、教養学部前期課程では3日に成績が発表になり、いよいよ6日から授業が始まります。夏休みの間のようにだらだらと日曜日を待つのではない、張り合いのある生活が始まる、とも言えますが、怠けた体に毎日の授業はきっとハードでしょう。どうなることやら……。
ではまた来週です!

(五)

PageTop