東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週の柏蔭舎(10月第四週)

東大生とは、自分が「頭が良い」ことを示すのに躍起になっている人たちで、それゆえに自分が「馬鹿である」ことを示すのに一生懸命なのではないかとおもいます。
毎年3000人ずつ増え続ける集団に帰属していることは希少価値でも何でもなく、「別に普通のこと」に過ぎません。
1年生のはじめ頃、必修のフランス語の授業で、退任1年前の教授に「最高学府の学生が!」と怒られましたが、彼の時代はそうであっても今はそうとは言えないのではないでしょうか(ちなみにこの「最高学府」という言葉は単に制度上一番上の教育機関である「大学」を指すもので、「東京大学」を指すわけではないという議論をどこかで読んだ記憶があります。別に僕の1年次のフランス語の教授に文句をつけるわけではありませんが)。さる教授も「東大生はエリートではなくなった」と、講義で話していました。
もはやエリートではない東大生である僕は、毎日Twitterを見たりネットを見たりテレビを見たりして、終わりなき日常をやり過ごして生きています。(頭の一文に戻る)

さて、そんな価値のない毎日の中で(とはいうものの、高校時代から僕は「意味のないことにこそ意味がある、雑談の中に真実がある」といってそういう毎日を送る自分を正当化しています)唯一緊張し、努力し、食らいつき、負けまいと歯を食いしばるのが師匠稽古です。その師匠稽古に向けて僕達は毎週日曜日に自分たちだけでお稽古をしているわけですが、どうもそちらのお稽古の緊張感が足りていないようです。
今回の話し合いで会長から、「遅刻、早退、欠席の際はちゃんと連絡をして欲しい」という発言がありました。欠席や早退の連絡は来ても、遅刻の連絡がなされないことが往々にあるらしいのです。これはその日の稽古の計画を立てるうえで支障になりますし、何よりも礼儀としてよろしくない。ただ、全体の空気として何時に来ても良いという空気があることは事実で、したがって遅刻連絡をしない個々人のみを責めるわけにもいかないとおもいます。全体の問題です。
そもそも、自演会が近づいているにもかかわらず会員全体に緊迫感が足りていないとおもいます。通常稽古の欠席者も毎回数名ずついますし、M鍋君が頻繁に設定してくれるコミプラ練にはいつも2年生とY口さんしかいません。仕舞の地謡も、素謡の役謡も、自分の仕舞の型でさえまだ全然覚えられていない人も少なくないように思います。
日々の雑事に追われているうちに、1ヶ月半は簡単に過ぎてしまいます。いや、本番までに覚えればいいわけではありません。その前の師匠稽古までには基本的に覚えてできるようになっていなくてはいけないはずです。だとしたら、もう1か月もありません。数週間です。全体の空気感をもっと緊張させていくためには、どうしたら良いのでしょうか。まずは上級生が緊迫感を出し、日々の稽古をしっかりと行っていくことが前提になるとおもいます。
先生がときどきおっしゃるように、人間は楽な方へ流れてしまう生き物です(今日も、8時50分に目が覚めたのに11時まで二度寝してしまいました)。自分を厳しく律することができるようになりたいものです。

「今日のおやつ」
本女の賛助(声に出して読んでください。「ぽんじょのさんじょ。ぽんじょのさんじょ。……」)で頂いたピーナッツ巻(?)。これは確か去年の自演会の時、どなたかから頂いたのと同じやつです。それと、紅蘭さんが研修旅行のお土産として持ってきてくださった、カントリーマアム京都宇治抹茶プリン味。なんかねじれているような、回転しているような、変な感じがしますが、おいしかったです。

「今日の名言」
「この方はあの方じゃない?」「この方はあの方のあれじゃない?」
(自演会の案内状発送作業の最中です)

今週は会長がなんか壊れてたんですけども、うまく文字に書き表せないです……。

(五)

スポンサーサイト

PageTop

今週の柏䕃舎(10月第2週)

 一昨日は、朝には閑祥会で連吟「鵜飼」と仕舞「竹生島」、
「清経」を出させていただき、それから定例稽古という
少し慌ただしい一日でした。
私は閑祥会では「鵜飼」のワキをつとめさせていただきましたが、
色々反省もありましたので、またの機会に生かしたいと思います。


 閑祥会の出番が終わった後は、各々そのまま鑑賞される方や
抜ける方などに一度別れて、また1時頃から柏䕃舎で
稽古を再開しました。
 「土蜘蛛」や各々の仕舞などを稽古した後、「融」や「三輪」の
舞囃子を鑑賞するために一部の方が途中で抜けて、また観世能楽堂に
向かったりなど、すごく変則的な日程だった印象があります。
 最後に、また何人かの方々が柏䕃舎に戻ってきて、
仕舞を重点的に稽古して解散致しました。


今週のおやつ

 おやつではないのですが、帰る直前にゆずゼリーを頂きました。
賞味期限は切れていたような気もしますが、疲れた体に本当に嬉しかったです。


 だんだんと寒くなってきて、風邪をひかれている方も
多かった気がします…。忙しくなってくる時期だとは思いますが、
どうぞご自愛ください。
2年生のM葉でした。

PageTop

化学科3年の外山です。先月学生実験で錯体「フェロセン」の合成を試みました(残念ながら失敗しました…)。フェロセンは鉄Feが五角形の炭素環に挟まれている形状で、鼓形錯体とも形容されます。

ferrocene
ferrocene


小鼓

いかがでしょう、見えましたか^^

PageTop

今週の柏蔭舎(10月第一週)

お久しぶりです。二ヶ月か、三ヶ月くらいサボってしまいました。ぼくが書き始めたのは去年の9月のはずなので、そろそろ1年生にバトンタッチしていい頃だと思うのですが、以前ちょっと水を向けたところが余り乗り気ではなかったので、とりあえずまたぼくが書こうかとおもいます。
物事は律儀に毎回毎回やっていかないと駄目ですね。掃除も洗濯物も、まとめてやろうとすると大変なことになってしまい、それをなんとかすることを考えると躊躇して、手をつけられなくなるという負のスパイラルに陥ります。ちなみに、負のスパイラルは僕の愛用語の一つです。言い換えると、負のスパイラルを言い換える語彙を持っていないということです。
柏蔭舎の上の方(天井、照明、鴨居、長押など)も、誰も手をつけないままほこりがたまりっぱなしになっていました。去年一回、「上の方汚いですねえ」といってみたのですが、「まあ今回は」ということでそのまま放置されました。
久しぶりに幸田文の「こんなこと」の、露伴から掃除の稽古を受ける部分を読み直して、思い立って掃除をしようと思いました。ところが高いところの掃除には欠かせないはたきがない。部屋を見渡すと、Y口さんが巻絹ツレのお稽古のために作ってくれた巻絹(竹に紙を挟んだもの)があります。これは、長さがたりないため新しいものを新調することになっていて、不要になることがわかっています。材料はこれに決まりました。作り方はよくわかりませんが、以前母親がどこかで作ってきたことがあります。母親にできるくらいならできないはずはない。そのまま作り始めました。
竹の棒は割れ目を入れてあるので、割れが広がってしまわないように糸を巻き、竹に糸だけでしっかり紙を(布がなかったので、巻絹として挟んであった和紙を代わりに使いました)くけることに苦労しつつ、なんとか完成させたら、午前三時になっていました。
それで今日、柏蔭舎中をはたきまわったら、大量のほこりが降下しました。ほこりアレルギーに苦しむ人を出しつつも、柏蔭舎がある程度きれいになったので僕は満足です。

「きょうのおやつ」
M葉さんの、ロイズのポテトチップスにキャラメルチョコレートがかかったというおそろしくもおいしいもの、M鍋が買ってきてくれた京都土産のやつはシガレットでした。さらに、お菓子ではありませんがカナダにホームステイしていたM田さんが、女性陣には写真入れ、男性陣には、レンズにお化けカボチャが浮き出たサングラスを買ってきてくれました。ありがとう!

稽古の話なんもしてないですけど、これでおしまいっ。
(五)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。