東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の湯島会館(11月第四週)

机が汚いのでブログを書こうと思います。
一週間敷きっぱなしだった床を上げ、掃除機をかけたところです。

今週は金土日と三連休で、その間駒場祭が行われ、準備のために木曜全休、明けて月曜半休という、幸せな駒場でした。われわれは金曜日に師匠稽古と、大阪から帰ってきたT津さんを囲む飲み会があり、土曜日には駒場祭の舞台をさせていただき、夜は三派のみをし、日曜日は九時五時で稽古でした。

駒場祭は、狂言研に舞台床に敷くシートを新調していただき、柱も一本足りなかったのを新調し、古いものもきれいにして、心地よい舞台でした。新しいシートの若干の不都合としては、すこしつるつるしすぎていたところと、中心に継ぎ目が当たってしまったところでしたが、去年までのぼろぼろかつガムテープの接着剤がべたべたにこびりついたものに比べれば雲泥の差でした。継ぎ目に足を引っかけてしまった人が多かったようなので、来年は裏からもしくは上からテープを貼るなどするべきだとおもいますが、かといってまたべたべたにしてしまってはいけないので慎重を要します。
また今年はたくさんの方にご来場を頂きました。ありがとうございました。東大観世会はお作法ですらまだおぼつかない部分があったので、もう3週間後に迫った自演会に向けてなお一層努力していこうとおもいます。

舞台が終わった後の三派合同の飲み会は、東大観世会からは(とまどろっこしくいちいち書くのは、単に観世会だと玄人の方の観世会を示してしまうと思うからです。「○○観世会」という名は大学のサークルに限って許されているのだ、という話をおもいます)その最大人数にもかかわらず4人しか参加せず、最少人数の狂言研からの参加者と同数で、人付き合いの仕方の色の違いを感じました。飲み会は非常に和やかで楽しく、一年に一度ではなく3か月に一度くらい開けば良いのではないかと思います。最後は下北沢の路上で小さい声で、しかも流派の違いを気にせず、狂言研の人は謡えないことも気にせず千秋楽を連吟して終わりました。

さてその翌日は、朝九時から午後五時までの稽古でしたが、裏番組の駒場祭に押されて参加人数は少なく、午前中にA木がきたほかは2年生以上のみの稽古となりました。
午後2時半頃にT津さんが大きな荷物と「ユーちゃん(これはかわいい系男子のA木のことではなく、ユーフォニウムのことです)」をつれて訪れ、役を振って一緒に素謡「土蜘蛛」を謡いました。一年戻ったようなお稽古でした。

「今日のおやつ」
T津さんが持ってきてくださった「困ったときの荻窪のルミネ」のモロゾフのチョコ、駒場祭舞台にK蘭さんの御友人が差し入れてくださった「彩果の宝石」でした。

「今日の言葉」
「彩果の宝石」から思いついたもの
「さいかーいっすいにひまをえず」「さいかーいーーしかいのいんがをみせて」「さいかーいーーしかいのかせんといへども」「さいかいーのーーはーとおにーおもむきーいぃいー」
ちなみに「彩」は「彩の国」埼玉の意だそうです。

(五)

スポンサーサイト

PageTop

今週の柏蔭舎(11月第三週)

今週の柏蔭舎

こんばんは。更新がかなり遅くなりました。m(_ _)m
今週末は駒場祭に舞台を出します。駒場祭では東大観世会、宝生会、狂言研究会の3つの会が東京大学能狂言研究会という名前で合同舞台を出します。私は今年の5月に当サークルに入ってから、主に観世流の能を見て、稽古をしてきたので、狂言や宝生流の能を見る機会があまりありませんでした。そのため、今回の舞台は非常に楽しみです。

今週の午前は能の稽古があり、定例稽古は予定通り1時からということになりました。私が柏蔭舎に着いたころはまだ誰も来てなくて、1年生だけで稽古をしていたらY口さんをはじめ、次々と先輩たちが着きました。

今週は珍しく2時ごろから話し合いがありました。話し合いでは、自演会の持ち物の担当を決めました。自演会も1ヶ月を切っていて、本格的に自演会モードに入っています。いろいろ持ち物などをチェックし、当日のことを考え、真剣に取り組んでいました。

話し合いのあとはいつものように仕舞を合わせたり、謡の稽古をしました。自演会も近づいてきていますが、今週末の駒場祭の舞台が目の前にあるので、主に1年生は頑張って仕舞を合わせました。それからは先週のように素謡「土蜘蛛」を通して…充実した一日でした。

柏蔭舎もだいぶ寒くなりました。これからは自演会に向けて健康など、色々気をつけなければならない時期になりました。こんなに大きい舞台は初めてなので、緊張しますが、頑張りたいと思います。


 今週のおやつ
T橋さんが持ってきてくださった箱根のお土産。美味しい饅頭でした。

 今週の名言
何かあった気がしますが、忘れてしまいました。来週からは何かあったらすぐにメモをしようと思います。

(李)

PageTop

今週の柏蔭舎(11月第二週)

口上

ついに今年も世代交代の時期が近づいております。学友会担当、柏蔭舎会議担当などにまじって、ブログ更新担当もバトンタッチすることになりました。
しかしいざこの役目を手放すと思うと、なんだかさびしいような、口惜しいような気もしてくるのが不思議なものです。
思えば、僕がTさんのご下命を受けて最初にこのブログを書いたのは去年の9月。それから、今年の7月からの三ケ月間の空白も含んでもう1年以上になるわけです。毎回毎回、稽古に関係することもまったく関係しないことも、勝手気ままに書き連ねてきました。そういうような場所を手放すのは、名残惜しくて当然なのかもしれません。
さて今回は、引き継ぎの第一弾として、今週分の記事を僕(五)と、新しい担当である(李)(って書いて良いのかな)の二人がそれぞれ書き、違いを楽しんでもらう企画です。次週からはさっそくまったく交代してしまうのか、それともしばらくは隔週で担当するのかまだ決めていませんが、いずれにしろこのブログをどうぞよろしくお願いいたします。 (といって書き始めてみたら、この超超長文を誰が最後まで読み通すのだ、という気がしてきました。皆さんがんばって最後まで読んでください。)

─────

今週の柏蔭舎(11月第二週)

今日は朝から舞囃子「敦盛」の稽古がありました。10時半からだったのですがぼやぼやしているうちに遅れそうになってしまい、あせって行きましたが、他の人も遅かったようで、着いたときにはちょうど三人が雨戸を開けたり唐紙(僕としてはふすまの方がなじみがある名前なのですが、この前「関東では唐紙という」と教えられ、そのあと幸田文の随筆にも「唐紙」と書かれてあるのを発見したのでそう呼ぶことにしました)を外したりしているところでした。でも本来は10時半からと言ったら15分前には着いて支度をし、その時間にははじめられるようにしなくてはなりませんね。今日は1年生のひとりが連絡なしに遅刻したので、「遅刻はするな、どうしてもするなら連絡しろ」と叱ったのですが、時間の約束を守るのは当たり前のことで、今日のような仕儀ではいけないですね(自戒を込めて)。
さて敦盛の稽古が終わり、笛を吹いてくださるOBのH谷さんにいろいろなおもしろい話を聞いたあとご飯を食べ、午後の通常稽古に入ります。女性4人は今日スイーツパラダイスに行ってきたそうで、幸せそうな顔でお稽古に参加しにきました。よくわからないのですが、食べる順番を考えたり、「フォークが止まる瞬間」を乗り越えるべく努力をしたりと、いろいろ苦心をしつつお菓子を貪って(失礼)きたようです。
午後の稽古は、僕は何となく遊んでしまいましたが、そろそろ自演会への緊張が感じられる稽古になってきたのではないかと思います。前回まで一度も仕舞をあわせたことがなかった1年生2人も、ちゃんと型を覚えて合わせてみることができました。追いついていないのは素謡土蜘蛛や仕舞の地謡などで、土蜘蛛は毎年役を1年生がやるのですが、正直まだかなり不安になる部分もあります。仕舞の地謡もついつい後回しになってしまって、最低限覚えてはいてもその先に行けていないようにおもいます。人によってはまだ覚えていない人もあると思いますが、覚えるのは誰にも代わってもらえないので自分でがんばりましょう。
話合いではいくつかの役職の交代があり、話し合い後は素謡土蜘蛛を合わせて見、その間に2年生で来年の執行部と能の役の分担について話し合い、ひとりいなかったのでまた改めての相談になりますがとりあえずの決着を見ました。
そのあと、追いついていない部分の稽古をし、最終的に7時前に解散しました。僕とM鍋とA木はご飯を食べに行き、朝天気予報を確認したにも関わらず傘を忘れた僕はA木に相合い傘で家まで送ってもらいました。

「今日の名言」&「今日のおやつ」
Y口さんが「近所のスーパーで広告の品だったから」買ってきてくださったロッテチョコパイ、M田さんが「ポッキーの日なんだけどトッポを買っちゃった」というトッポ、ポッキーの日だからとかわいらしい男子のA木が買ってきた、かわいらしいイチゴ味のポッキー。
ほかにも何か名言があったように思うのですが、頭が悪いせいか思い出せません。口惜しいです。

(五)

─────

今週の柏蔭舎(11月第二週)

今週は10時半から舞囃子「敦盛」の申し合わせがありました。
また、11時20分から甘味企画があり、前日にメーリスで3時間ぐらい参加者を募集しましたが、なんと4人も集まりました。スイーツ好きの観世会ですね。


13時からはいつもの定例稽古がありました。今週は自演会に出る1年生の出席率が珍しく100パーセントでした。駒場祭の舞台が2週間後に迫ってきたからか、みんな真面目に型を覚えたり、謡の練習をしたりして充実した稽古でした。

15時からの話し合いでは柏蔭舎担当や学友会担当、ブログ担当など、いくつかの役職の受け継ぎがありました。気づいた方がいらっしゃるかもしれませんが、このポストはこれからブログを更新していくことになった1年生が書いています。デビューポストです。自分が書いた文章を人に読んでもらうと思うと、ドキドキします。

話し合いのあとは素謡の「土蜘蛛」を通しました。いつの間にか雨が降りはじめ、外は暗く、いい感じでした。役が全部揃って通したのは今日が初めてです。自演会まで大丈夫なのか少し心配にもなってきます。通した後は先輩たちから足の痺れを取るコツを教えてもらいました。そのあとは各自仕舞を合わせたり謡の練習をしました。

 今日のおやつ
5年生のY口さんが買ってきてくださったチョコパイ。特にどこかに行ってきたわけではなく、家の近くのスーパーの広告の品だったそうです。私は午前中スイーツを食べ過ぎたせいで、食べられずに家に持ってきました。そして11月11日はポッキーデーということで1年生二人がポッキーを買ってきてくれました!実は一人はポッキーではなくトッポを買ってきたのですが、どちらも美味しかったです。イチゴ味のポッキーでした。

 以上、これからブログを担当することになった李でした。
今後ともよろしくお願いします。

(李)

─────

というわけで、次回から担当者が代わりますのでよろしくお願いします。
あ、そういえば、たぶん誰も気づかなかったと思うのですが(名前を見て気づいた人がいるかもしれませんが)、新担当者は韓国からの留学生です。もっとも、日本語を使うことに何ら支障がなく、話していても書いたものを読んでいても(自筆のものでさえ)非ネイティブと感じることがほぼありません。すごいなあ、とおもっています。

PageTop

今週の柏蔭舎(11月第一週)

今週は朝9時から舞囃子「融」の稽古、10時から能「巻絹」の稽古、13時から通常稽古と言うことで、一番長くいた方はなんと9時間も! 柏蔭舎にいたことになります。
……まあ僕は13時からでしたが。

今週は14時から舞囃子「敦盛」を通したり、素謡「土蜘蛛」を通したり、自演会本番に向けた空気が徐々に高まっていることを実感する稽古でした。でも僕不安なんですけど、まだ仕舞を通しているところを見たことがない1年生が数人いるんですよね。各自の仕舞は駒場祭(11月24日)までにちゃんとできないといけないんですけど、大丈夫なんでしょうか。

また今回は僕会計としても、話し合いで新しい会計に関する準則を承認していただき、物事が進んだ稽古となりました。なーんて真面目そうな顔をしていますが、下半期の会費を集める過程で二つくらいミスをしてごたごたしてしまいました。幸いどちらも僕の勘違いだったのですが、数人にご迷惑をおかけしてしまいました……。念には念を入れて、石橋をX線で調査するくらいの気合いが必要ですね。前期にミスなくしおおせたので慢心してしまったのかもしれません。

さてさて、今日はサークル関係の仕事が多い日でした。あっち行ったりこっち行ったり、領収証も2つもらいました。このブログ書いてやっとお終い(のはず)です。
明日は午前中コミプラ稽古があって(コミプラ稽古には1年は来ない、というのがもはや定説になりつつあります)、夕方には師匠稽古があります。ぴしっと生きていきたいですね。

PageTop