東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(2月第四週)

今週は、朝に師匠稽古、午後から通常稽古でした。
この師匠稽古がなんというか、かなり反省の残るものでした。一言で言えば稽古不足、覚悟不足。師匠稽古にどういう心構えで臨むべきか、ということは、自演会のあとOBの先輩から昔の話や注意などを聞き、それを参考に現役内で確認していたつもりでしたが、不十分だったというか、はっきりいって効果がなかったのだとおもいます。上級生の中には現状に危機感を覚えている人もたしかにいるのだろうとおもいますが、その感覚がほとんど共有されていない。それはそのような上級生も、また下級生もともに最近あまり日曜日の稽古に参加していないということもあるでしょうし、また下級生のなかに、いまいちお能にのめり込んでいる人が少ないということもあるでしょう。いつか先生が「教えるというのは、教える方も大変、教わる方も大変、だからなあなあでいいやということになってしまう」といっていましたが、そこまでのレベルのことでなくても、稽古の仕方やまた日常の態度などについて思うことがあってたとして、それをなんとなく言いかねる雰囲気があるのも事実です。
また、師匠稽古までに何をやっていけばいいのか、ということを考えると、これもまた難しい。ちゃんと覚えて、注意されたらすぐに直せるようにする、ということだとおもいますが、全く何も知らない一年生が「ちゃんと覚える」ためには上級生が何か教えなくてはならない。しかし白紙の人に何か教えるということは大変にむずかしいことですから、本当はこちらもはじめてたかだか数年の素人の学生にできうることではないのだとおもいます。したがって場合によっては、「だから素人が教えるというのはだめなんだ」ということになってしまう。やはり大学のサークルで、学生同士で勉強してときどき先生に見ていただくという形式には無理があるのでしょうか。などというと、今度はOBの方から怒られてしまうかもしれません。
しかし、このような状況が続くと、本当にまじめにやりたいと思う人がサークルから離れていってしまうかもしれない。もしかするとすでにそのようなことが起こっているのかもしれません。稽古に参加する人が少ないというのは、まじめな人は愛想を尽かし、不まじめな人はやる気を失った、その結果なのでしょうか。
素人の学生なのだからどんぐりの背比べ、うまいへたなどあるわけではない、とはいっても、それぞれの人の中でサークルが占める重み、師匠稽古の大切さはことなっているのが事実です。どう折り合いをつけていくのか、考えていかないといけません。

さて通常稽古は午後4時過ぎから始まりましたが、午後5時から舞囃子の申し合わせがあり、参加者のうちのほとんどの人はこれに関係があったので、結局ほぼ舞囃子のお稽古しかしないまま終わってしまいました。今回も参加者は少なく、10名に届きませんでした。

「今日のおやつ」
Y内さんのスペイン土産、猫の舌のかたちのチョコレート、そしてOBのさらみさん、一橋観世会からの自演会の差し入れでした。どれもおいしうございました。

今日は大鼓のお稽古があったのですが、人のことをいいながら自分も「ちゃんと覚える」ということができておらず、ただいま猛省中です。今日は先生に申し訳なかったので、次回は必ず完璧にしていきます。

ブログ担当者の世代交代をするといったのは結局なんだったのでしょうかね。

(五)

スポンサーサイト

PageTop

今週の柏蔭舎(2月第三週)

17日は桃々会があったので、お稽古はその後でちょっとだけ行う、ということにして、まずはみんなで桃々会を見に行きました。
番組は先生(関根祥六)の「盛久」と祥丸くんの「羽衣」に仕舞などでした。最初に受け取った番組からちょこちょこといろいろ変更されていましたが、何かあったのでしょうか。
先生の「盛久」は、気合が籠ってすばらしく、トメ拍子を踏むまで目が離せませんでした。とくに印象に残ったのは、最初の幕内からの声の流麗さ、前半の心静かに最後を待つたたずまい、経巻を広げて傾けた形、「鎌倉殿に参りけり」と常座から前にツッと進み出でてどんと膝をついた勢い、橋がかりでトメ拍子を踏むときの、気合の充満した面差しなどです。中盤には声がざらつき、素速く運ぶところなどに年齢を感じましたが、それがかえって老武者の気概を示すようで(もっともそれは曲の本趣ではありませんが)、坐した形から立ち上がる姿だけでもなんとなしに胸に迫る感動がありました。
それにしても、はじめ橋がかりを移動するすがたが東下りを示し、そこからかすかな移動だけで次々に場面を転換してそれを無理なく観客に諒解させる手腕は卓抜なものだとおもいます。
祥丸くんの「羽衣」は、その腰がしっかり入っていささかもぶれない運びから、天人の気高さが表れているようでした。上半身を脱いで著附だけにした姿が不思議と色っぽくて、湯浴みする半裸の天女という表現だということを自然に納得しました。先生がむかしは衣を舞ったときに、いろいろと工夫し努力してやったのだが後から写真を見るとそこには関根祥六がいるだけで肝心の天人がいなかった、という話を何度か伺いましたが、祥丸くんの羽衣の天女も時々本人が顔を出すように感じました。これは面のしたの人物をいささかなりとも知っているせいかもしれませんが。また「羽衣」はワキの方が大変よく、自然にその人になっていると感じました。
「盛久」の地謡は、なんとなくさぐりさぐりのような、不安を抱えつつ謡っているような感じを受けました。一方羽衣の地謡は高音に振れていて、かえって情趣が乏しくなってしまっているように思いました。

さてそのあと、僕はちょっとやめた方がいいのではないかともおもいましたが(こういう言い方はずるいですね)、柏蔭舎に移動して2時間ほどお稽古をしました。今見た舞台に比較して自分たちがやっていることがむなしくなるようですが、日曜日を逃すとほかに稽古の日をとるのが難しいので仕方ないでしょう。まず、男女に分かれて春四の素謡の稽古をし、そこから仕舞を一通り合わせました。今回は同じく桃々会に来ていた、国家試験を終えたI内さんも稽古に参加され、もっぱらI内さんにアドヴァイスを仰ぎました。久しぶりにお会いでき、いろいろとアドヴァイスしていただけたいい機会でした。

「今週のおやつ」
自演会にどなたかから差し入れていただいたビスキュイ・フランセの御菓子と、同じく慶応観世会さんに差し入れていただいた御菓子でした。自演会でいただいた御菓子の賞味期限がそろそろ一斉に追いかけてくるのでありがたくいただいていかないといけません。

さて、最後のレポートの草稿がさっきできあがったところなので、今夜はがんばって終わらせてしまいたいところです。今学期のレポートはだいたい一回手書きで下書きをしてからパソコンに打ち込んでいますが、そうすると最初からパソコンに向かうときとは用字法が変わってくると言うことが判りました。高島俊男がパソコンに打ち込むと適当に漢字を表示してくれるから、漢字がいっぱいあった方がエライと思っている馬鹿なやつはやたらに漢字を使った文章を書くようになって、読みにくくてかなわないと書いていましたが、パソコンを使うと漢字が増えるのは実際のことのようです。

(五)

PageTop

今週の柏蔭舎(2月第二週)

先ほど提出してきたレポートの参考文献のところが、どうも適切ではなかったと思って気になっています。本当はこの本は書かなくても良かった、読んだことのある本だから、全く影響を受けていないというわけではないが、それでも今回の文章に真に密接に関聯するかというと、そうではない。どうも急いで書くレポートだから、こんなことが書いてあったような気がするといって、書いてある本の数が少なければみっともないと思って参考文献に掲げて、本当は別に参考にもしていないということが、往々にしてあるようです。昨日も部室にいたら外の話し声に、アマゾンの「この本を買った人はこんな本も見ています」というようなところに表示される本を、きっと関係があるものに違いないといって書いて参考文献を増やす、といっているのが聞こえましたが、所詮そんなもので、読む方の先生達だってそんなことは百も承知なのでしょう。だから問題ないともいえますが、嘘をついている感覚がどうにもいやなものです。
そもそもレポートという形式が気に入らないので、参考文献を明示しろ、出典を明示しろといわれても、何かの意見やものの見方を書くということは、これまでに読んだいろいろの本や、見たものや聞いたことなどに拠っているのだから、数冊の本を書いたところで意味がないじゃないか、とおもうのです。先行研究を読んで組み合わせて、そこに新たな自分の視点を加える、というようなまっとうな書き方をすれば、ちゃんと参考文献表が意味のあるものになるのでしょう。でも僕は「アメリカの株価は糖蜜の輸出量に正比例する(山下:1998)が、」みたいなそういうちゃんとしたレポートは、うまくかけないのです。

長々と関係のない話をしてしまいました。まだ試験とかレポートとかに追われている人がいるので、お稽古が本格始動しないのです。今週は先週よりはずいぶん人数が増えましたが、それでもまだ自演会の前までよりも少ないなあという感じでした。最初から来ている人はまたさらに少なかったのですが、まずは春四の素謡の稽古を、男女それぞれで始めました。そのうちに次第に女性陣の方は一人増え二人増えして膨らんでいくのですが、こちらはいつまで経っても二人のままなのでした。そのうちに三時になったので話し合いとなります。ここまででM鍋は帰るというので彼の仕舞を合わせ、そのまま全部一通り合わせてしまいたいと思ったのですが、まだ練習できていないから……などということをみんな言うので、そこからまたしばらく経ってから仕舞を合わせはじめました。かなり久しぶりにお稽古に来た人もいて、すこし忘れてしまっている部分もあったみたいです。6時までには終えて帰る予定が、結局僕の舞囃子までやってもらって時計を見ると6時半頃でした。

「今日のおやつ」
Y口さんが買ってきてくださったチョコレート菓子、もうずいぶん前の11月にT津さんが見えたときもってきてくださったチョコレート菓子、Tさんが焼いてきてくださった、うなぎパイの箱に入ったケーキと盛りだくさんでした。どれもみなおいしうございました。

「今日の名言」
柏蔭舎を出たところで見つけた蛙が、大きいのの上に小さいのが乗っかっていることに気づいて
Y内「今忙しいみたいだからそっとしといてあげよう」

四千字くらいのレポートを課せられてひいひいいって書きながら思うのは、文章を書くのは大変なことなんだなあということです。インターネットに載っている文章は大概断片的で、長いといってもたいしたことはないですが、本となると薄いものでもかなりの文章量です。ネットを見て時間をつぶしてしまっている自分への言い訳として、ネットだって雑誌だって変わりはないじゃないか、ということを考えていたのですが(そういうことを考えるということは罪悪感があるのです)、本というものを改めて考えてみたとき、一冊の本にまとめるほどの文章と、それだけの文章量を要する内容があるのだということに気づいて、くだらない言い訳が吹き飛んだところです。まあそれでもやっぱりネットを見て時間をつぶしているのですけれども。
(五)

PageTop

今週の柏蔭舎(2月第一週)

一回とんでしまいますが、なにせ前回は出ていないのでぼくにはどうしようもないです。
先週は、僕とM鍋は、当会のワキ方の師匠村瀬提先生が張良を披かれる「檀の会」を見に行きました。ほかの番組は、田村と隅田川でした。田村はまだ若手の、会主の息子さんがシテで、能という形式に固められたものをうまく成立させるということが、実はとても難しいのだということをいたく感じました。張良は、大小前に一畳台が置かれただけの、あの何もない四本柱の中で、ハリウッド映画やケレンたっぷりの歌舞伎に匹敵するような、むしろそれ以上の興奮を観客に起こすことができるということに感心しました。提先生は動きが大きくそれでいてきびきびとして、たいへん格好良く見えました。会を主宰する松木千俊という方は、今まで顔だけしか知りませんでしたが、実力のある方だと思いました。

さて、今週の稽古は試験も佳境に入った頃のためどうせ人は来ないだろうと予想はしていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。M鍋に遅れるからよろしくやってくれと頼まれながら、ちょっと遅れてしまいそうだと急いで1時過ぎに柏蔭舎についても誰もおらず、行き違いになるのもいやだと思って鍵を取りに行くのは後回しに雨戸を開けましたが開け終わっても誰も来ず、鍵をとって戻ってきても誰もおらず、鍵を開けて中に入って建具を外し、坐ってこんにゃくゼリーを食べてぼんやりしていましたがまだ誰も来ませんでした。行き違いになる心配など全くの無駄だったわけです。しばらくしてA木が来、またかなり経ってM葉さんが来、15時に帰ったA木と入れ替わるようにY内さんが見え、体調が悪いというメールが来たのでどうせ人数少ないから無理に来なくてもいいよと返信しておいたM鍋も顔を出し、参加者はそれだけでした。通算5名、平均3名。さびしいサークルになったものです。うかうかしていると師匠稽古が来てしまって、またすぐに春四が来てしまって、いったいどうなるのだろうか、ちゃんとやっていけるのだろうか、と漠然として不安を感じます。まーでも試験も大事ですからね。ちゃんとやっていただきたいですけども。ちゃんとやってない僕が言うのも何ですけれどもね。

外を時折思い出したように強い風が吹き渡っています。さいきん夜中の3時以降に寝ることが多いのですが、今日はもうちょっと早く眠ろうと思います。

(五)

PageTop