東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週の柏蔭舎(11月第四週)

金曜日の駒場祭舞台に来てくださったみなさま、ありがとうございました。平日の、それも朝9時半からとあって、誰もいない中で演目紹介をし仕舞を舞うことになるのではないかとおそれていたのですが、意外に多くの方にきていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
もし、ご来場いただいた方でこのブログを見てくださっている方がいらっしゃいましたら、感想をコメントに書き込んでいただければ幸いです。
私は残念ながら、三限の本郷の授業に出なくてはいけなくて(本郷は駒場祭を無視するのです。ちなみに本郷の五月祭の時は駒場は休みです。もともとの「大学」と「旧制高校」の間のヒエラルキーが残っているのでしょうか)、宝生と狂言の舞台を見ることはできませんでしたが、いい舞台だったようです。

さてその二日後、日曜日は、駒場祭のため柏蔭舎が使えず、本郷の向丘地域活動センターでの稽古となりました。
まず、朝9時15分から、能葛城の稽古。ほぼ全員参加。12時までやって、昼食をとり(僕とM鍋はお店に食べに行きましたが、他の人は誰もついてきてくれず……)、1時過ぎから通常稽古。こちらは欠席者が多い印象。理由は、風邪、ダブルスクール、引っ越しなど……。今回もT山さんが参加。いつもと異なり、今回は5時まで。しかし密度がいつもより濃かったのか、くたくたになった。
自演会本番まで、通常稽古は残り3回。全員参加でラストスパートをかけていきたいです。駒場祭舞台ではOGの先輩からお作法についての指摘がありましたが、お作法は何よりもきっちりできるようにしておかなくてはいけません。

(五)

スポンサーサイト

PageTop

今週の柏蔭舎(11月第二週)

朝、9時半より能の稽古。シテ、ワキ、ワキツレ、囃子に、地謡5人参加。昼、自演会の番組のチェックにゑさん来る。午後通常稽古。参加者やや少なし。かわりに、やや久しぶりのY鳴さんと、かなり久しぶりのT山さん来る。体調不良による欠席、早退者数名。話し合い以降稽古がややダレた。

今日のおやつ
Y口さんの差し入れ、感謝の言葉が書かれたキットカットと、おせんべい。僕がスーパーで買ったのどあめ。稽古が始まる直前に会長がアメを口に入れてしまう事例が発生。

今日のネタ
「これは出羽の羽黒山より出でたる……やーーーまぶしなっっしーーっ!!!!」
「私、前田敦盛は……今日限りで……平家を卒業します! 私のことは嫌いでも、平家のことは嫌いにならないでくださいっ!」

別に我々は一日中ふざけているわけではありません。

(五)

PageTop

「屈折」と今週の柏蔭舎(11月第一週)

課題 「屈折」という題で短い文章を書きなさい。

解答
イヤフォンから音もれさせている人が苦手である。自分の世界を無制限にまわりに拡大させて、どうして平気でいられるのかと思う。僕にはとてもできない。イヤフォンで何かを聞く時は、必ず音もれしていないかを確かめる。
しかし自分にできないことをしている人はみな嫌いかというとそうではない。今朝電車で僕の隣に坐った人は、だぶだぶのパーカーにゆるゆるとしたスウェットのズボンをはいて、カバンを床に置いてそれを跨ぐように足を大きく広げていた。そして坐ってすぐ居眠りをはじめた。その横に坐った僕は、膝頭をほとんどくっつけるようにしてその膝の上にリュックを抱え、脇をしめてリュックを抱きしめるようにまわした両手を結んで、その手に持った文庫本を読んでいた。僕は横の青年の気配を感じながら、彼に心からあこがれていた。その自信と屈託のなさがまぶしかった。僕はこっそり自分の膝を彼と同じくらいに広げてみたが、その半分くらいまでしか開けなかった。
彼はイヤフォンで音楽を聴いていたけれど、音もれはしていなかった。


11/3の稽古
朝9時半より、能「葛城」の稽古。シテ、ワキ、囃子と、地謡6人のうち4人が参加。一回通して、そのあと反省点を確認。地と大小はその後続けて稽古。
午後、1時より通常稽古。舞囃子、仕舞を地謡、囃子と合わせていく。4時過ぎより皆に疲労が出て、5時過ぎには一部が深夜みたいなテンションで盛り上がりはじめる。6時終了。
今日のおやつ OBの千歳さんからいただいた阿漕にちなむ平治煎餅(笠の形をしている)と、M葉さんからの差し入れの洋菓子。パイのようなもの(無教養にて名称わからず)。

(五)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。