東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

自演会を終えて

d6bdfd14314e8799d330668bd9fd18a324a74a22big.jpg


もう一週間経ってしまいましたが、皆様のおかげをもちまして、平成25年度東京大学観世会・東大観世OB会合同自演会は無事終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

私は今回シテをつとめさせていただきましたので、その感想をすこし書きたいとおもいます。
とにかく本番までの、特に直近の2ヶ月くらいは、能へ向かっていく気持ちが生活の第一にあるという感じでした。シテの謡は(仕舞の地、連吟紅葉狩もですが、)とにかく毎日謡うということを自分に課して、学校後に部室に通いました。毎週土曜日には父方の実家の2階の座敷で稽古をし、日曜日の朝はみんなで集まって稽古でした。これではまだまだ、稽古量としては足りなかったとおもいますが、しかしそれでも、やっているうちに、昨日と今日では謡い方が変わり、それが一週間分重なって先週と今週となるとだいぶ違ってきているというのが自分でわかりました。ふだん仕舞の稽古をしていると、謡を覚え方を覚え、大体きれいにできるようになればそれでいいやと思ってしまうのですが、これだけ長い間(曲が決まって覚えはじめたのは4月か5月だったように思います。あるいはもうちょっと早かったかもしれません)、ストーリィのある一曲と取り組んでいると、そのすこし先のこと、先生のよく言われる「心」のことに、すこしは触れることができたのではないかという感じがします。
いくつかの細かい失敗はありましたが、後悔はありません。

このほぼ三年間ずっと考えていたのは、学生がやる能とはいったい何なのかということでした。学生は玄人ではありませんが、純然たる素人とも違います。一般の素人の方は基本的に発表会でシテしかやりませんが、学生は地謡まで全部自分たちでやります。連吟も素謡も、仕舞も舞囃子も、東大では能だってそうです。しかし絶対に玄人ではない。玄人にとってのように仕事でもないし、素人にとってのように単なるお楽しみでもない、何ともつかない中途半端なものが学生の能なのです。僕は負けず嫌いなので、それがずっといやでした。しかし能をさせてもらって今考えてわかることは、それは要するに「特権的な地位」というやつなのだなということです。玄人のように大変な修行を経ず、うるさいことはいわれずに、しかし一般の素人のように制限されたやり方ではなく、「玄人みたいなこと」をさせてもらっている。玄人であったら基本がしっかりできてから、さてその上でこの曲の「心」は、となるのでしょうが、我々はそこをショートカットして、曲の「心」を楽しむことができる。大変にありがたい立場にいるのだということが判りました。

とにかく本番までは生きていなくてはならない、ただ生きているだけでは駄目で、ちゃんと生きていなくてはならない。風邪を引いてはいけないし、病気になってもいけないし、けがをしてもいけないし、鬱になってもいけない。事故に遭ってはいけないし、恨みを買って殺されてもいけないと思い詰めて生活していました。今までの21年間のなかで、一番まじめに生きた時間だったかもしれません。終わったらホッとするかとおもいましたが、ホッとすることはしましたが、あまり呆然となったりはしませんでした。また次、もう次、という感じです。

自演会を境に会員の人数がぐっと減ってしまいましたが、我々は次の舞台を目指してがんばっています。これからもどうぞよろしくお願いします。

(五)

スポンサーサイト

PageTop

【終了しました】平成25年度自演会のご案内

みなさまのおかげをもちまして、当会は今年も、下記のように 東京大学観世会・東大観世OB会 合同自演会を開催いたします。

                  記
 東京大学観世会
           合同自演会 
 東大観世OB会


  とき  平成25年12月21日(土) 午前10時始 午後6時頃終演予定
                       入場無料・入退場自由
  ところ 14世喜多六平太記念能楽堂 リンク
        目黒駅徒歩7分

   学生能「葛城」、舞囃子「敦盛」「巻絹」ほか、仕舞、素謡、連吟など

みなさまお誘いあわせの上、ご来場くださいますよう、お願い申し上げます。

 チラシ
H25自演会チラシ(圧縮)
H25自演会チラシ(裏)(圧縮)

【この会はすでに終了しました】

(五)

PageTop

今週の柏陰舎(8月第一週)

こんにちは。少しだけ暑さが和らいで過ごしやすくなった気がしますが、まだまだ暑いですね。

今週のお稽古ではOB会で行う演目の地謡を教えていただいたり、自身の仕舞の指導をしていただいたりしました。

私は今回「西王母」を舞うのですが、地謡に合わせて舞うことがなかなかできません。歌舞の一体ができるように練習します。

また、今回男性地が初めてなので苦戦しています。私は女性の中でも声が高い方なので、余計に大変に感じます。男性がすらすらと出せる音でも私は声が出しにくいので悲しいです。男性と女性の声は全然違うのだと実感しています。I藤さんも声が高いと言われるそうなので、男性地について色々とアドバイスをいただこうと思います。

大学生活初めての夏休みは何をしようかと考えてましたが、OB会や自演会に向けて覚えなければならないことがたくさんあるので、能楽練習に勤しみたいと思います。他にも帰省やインターンシップなどの予定があるので、充実した夏休みが過ごせそうです。夏休みをダラダラせずに楽しく元気に過ごしたいです。(小学生のような目標ですが…。)

それでは。

(ふ)






PageTop

今週の柏蔭舎(12月第一週)

自演会までの日数を数えてみたら、今日を入れて残り17日でした。迫ってきたなという感じがします。
先週は内側から輝くようだった本郷の銀杏の葉も、色あせて散っていきました。

さて前回の日曜日は、能の稽古はせず、自演会に向けての事務的な話し合いのために、いつもより早く12時過ぎに集合して会議をしたあと、1時頃から稽古をしました。今回はとにかくお作法に集中して、出入りのやり方をお互いに注意し合いました。さすがにほぼ全員がそろって、なかなかに充実したお稽古ができたのではないかとおもいます。少し早めに5時半頃に切り上げて、久しぶりの柏企画を行いました。今回は料理上手のM葉さんが主導して、格段にレベルの高い柏企画となりました。いつもは稽古後にご飯に誘っても誰も来てくれず、M鍋と二人で渋谷とか池尻とかに行くのですが、柏企画となると大勢で夕食ができて楽しい限りです。Tさんの手作りのシフォンケーキも振る舞われて、こちらもまた大変美味しかったです。

もう今日は終わりますから、残り16日の1日1日をしっかりと生きて、本番を迎えたいとおもいます。

(五)

PageTop