東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(3月第四週)と、「なぜ東大観世会?」

今週は普通のお稽古です。
13時にA木が、しばらくしてI藤さんが来ました。外は雨で、風も吹き荒れています。はやくも満開となった柏蔭舎わきの桜の枝が、強風にあおられてぶるんぶるんしています。
その後T山さん、Y口さん、M葉さんが来ました。最後の稽古となるT瀬さんも、小鼓を持って現れました。
なぜか誰もリーダーシップをとらなかったので、各自で勝手にいろいろ舞ったり謡ったりするのが続いて、話し合いを挟んでからようやく、新歓に向けて仕舞を合わせはじめました。
今年の新歓能楽座の演目は、仕舞が「養老」「羽衣キリ」「蝉丸」「善界」、舞囃子が「敦盛」です。新入生の皆さん、お楽しみに。
新歓向けの稽古が終わったあと、最後に閑祥会に向けた稽古をして、6時に終わりました。


では、今回は、「なぜ東大観世会を選ぶべきなのか」ということを。
能関連のサークルはたくさんあります。東大だけでも、東大観世会、東大宝生会、東大狂言研の三つがあります。またほかの大学にも能のサークルは(意外と)たくさんありますし、伝統芸能のサークルといったら、星の数ほどあります。
日本の伝統を学びたい! という新入生は、どのサークルを選べばいいか、迷ってしまうのではないでしょうか。

もちろん、「茶道がやりたい!」とか、「三味線が弾きたい!」とか、やりたいことがはっきり決まっている人は、そういうサークルに入るのが一番いいとおもいます。

でも、「伝統芸能には興味があるけど、なにをやればいいか迷っちゃう……」という人も多いのではないでしょうか。
そういう人には、「能サークル」、なかでも、「東大観世会」を強くおすすめします!

まず、なんで「能サークル」がいいか。
能は、室町時代に誕生した芸能です。日本の芸能の特徴は、先行する諸芸能を取り込んで独自の発展を遂げていること。
能も雅楽や、曲舞などの当時の伝統芸能を取り込んで成立しました。そして、能の芸は歌舞伎や文楽に取り込まれていきました。
豊穣な日本の伝統芸の世界。その全体を俯瞰するのにちょうどいい位置にあるのが、実は能なのです。

能より前の芸能は、すでに滅びてしまったり、あるいは古すぎたりして、おいそれと習うわけにはいきません。
能よりあとの芸能は、様々に分化し、複雑になって、一つ習ったところでそれはごくごく一部にすぎません。

能を習っておけば、たとえば雅楽などの先行する芸能へアクセスする足がかりになります。
能を習っておけば、後に発展する様々な芸能を理解する足がかりになります。

たとえば有名な歌舞伎舞踊をいくつか挙げてみましょう。
「娘道成寺」「連獅子」「隅田川」……。
これらはそれぞれ、能の「道成寺」と「三井寺」、「石橋」、「隅田川」が下敷きになっています。
謡、太鼓、二種類の鼓、笛という楽器構成も、その演奏の中身も、能から取り入れたものです。

また能の謡には、源氏や平家、そして和歌などの古典文学がふんだんに取り入れられています。
謡を覚えていけば、知らず知らずのうちに日本古典文学についての知識が身についていくのです。

それでは、数ある能サークルのなかでなぜ、「東大観世会」をおすすめするのか。
練習が週一で負担が少ない、お金があまりかからない、(狭義の)能ができる、お囃子ができるなど、数々の理由がありますが、今回一番の理由として挙げたいのは、「ちゃんとやる」サークルだということです。

学生の伝統芸能サークルというと、あんまりちゃんとしていない、というイメージがあるんじゃないでしょうか。
着物の着方がぐずぐず、お作法が適当、謡を覚えていない……。
残念ながら、そういうところが全くないとは言い切れません。

しかし東大観世会は、「そういうこと」に関してはそこそこのレベルを保っていると自負しています。

当会は、先生のご指導と、過去の先輩たちの努力と、そして現役各自の自律で、「ちゃんとやる」サークルとしてのレベルを保ってきました。
お作法をちゃんとすること、謡をちゃんと覚えること。これを、各自が自分に厳しく要求し、「下手だとしても見苦しくない」舞台をやろう、と思って活動しています。

やるなら、ちゃんとやりたいでしょ?

この、「サークルとしての色」の背景には、もちろん先生の存在があります。
当会の指導に当たってくださっている関根祥六先生は、観世流の重鎮。
社会人のお素人の方に、「祥六先生が直接指導してるの?」ときかれ「はい」とこたえると素直に驚かれます。
先生は、品格と「ちゃんとする」ことを大事にされ、お作法などを細かく指導してくださいます。

そういう先生からのご指導と、先生に習うのだから、東大と先生の名を背負って舞台に立つのだからという思いで、会員たちは自分を律して、「ちゃんとする」サークルとしての東大観世会が成り立っているのです。

だから、適当に遊びたいという人には向いてないかもしれません。
でも、やるならちゃんとやりたくないですか?
どうせ学生だから、と、いわれたくないじゃないですか。
本気でやらないと、おもしろくならない!

だから、本気でやりましょう。僕らと一緒に。

(五)

スポンサーサイト

PageTop

春四2014

こんにちは。

バイトにいった会社の女性の社員さんに「よく見るとちょっとイケメン」といわれた(五)です。
ゲイバーのおにいさんには「昭和の男前。10年遅かった」といわれました(10年前も平成だと思うけど)。

ちなみに中学生の最初くらいは美少年だったのでモテました。

閑話休題。

この金土日、名古屋で「春の四大学交流会」が開かれました。
毎年恒例の、東大、京大、名大、神女(神戸女学院)の交流会です。
いつも、一日目は素謡会、二日目に舞台、その夜に裏の舞台、三日目に観光、となっています。
「春の」とつくのは春秋二回あった時代があったからだそうで、その当時の史料を見たことがある、気がします。

今回は、三日目の日曜日が、先生の会「桃々会」とかぶってしまったので、東大の面々は三日目の朝に失礼して、残念ながら観光には行かれませんでした。

さて、順を追って記録と感想を書いていきましょう。

まず一日目。12時名古屋駅集合。こういうとき、最近の当会はなぜか現地集合です。どうせみんな同じくらいの時間の新幹線で行くのに、なぜか現地集合です。僕はそれを打破しようと思って、手始めにA木に声をかけたら、「もう指定券とった」とかいわれ、腹が立ったので朝5時半に起きて9時には名古屋に行き、中学の時の友達とデートしていました。
さて、集合して宿に移動し、素謡会です。今回はうちがトップバッターで、順々に各大学が素謡を披露しました。それぞれの大学によって、謡い方も違うし、曲の選び方も違い、おもしろいですね。
しかし同時に、素謡は難しい。はっきり言って、学生レベルではおもしろくなりません。あの子はうまいなあ、ああいう謡い方をするのか、というメタレベルの楽しみ方はできますが、曲のおもしろさなんてとてもとても。まだ仕舞の方が動いてるからおもしろいです。でも挑戦していくのはおもしろいし、声を合わせて謡っているのはおもしろい。聞いている方も、この人たちはどのくらいできるのかな? と思って聞けば楽しいものです。
さて、素謡会が終わってからは、明日の舞台の最初にある、合同素謡の稽古です。僕は合同素謡には参加していなかったので(ゴメンナサイ)、大須商店街をぶらぶら歩き、コンパルという喫茶店でエビカツサンドを食べていました(ますますゴメンナサイ)。さらに、帰ってきてからちょっとだけ稽古を聞いて、偉そうにいろいろ言いました(ほんとにゴメンナサイ)。
さて、そのあとは夕食ツアー。僕は、かの有名な(悪名高い?)喫茶店マウンテンに行きました。頼んだのは、「辛口ナマズ煮込みスパ」。ナマズは淡泊な白身でおいしかったですが、その辛いこと。「赤いワンピース」という激辛スパゲッティを名大の子が頼んでいて、僕は自分ので精一杯だったので味見しなかったのですが、そっちもたまらなかったようです。辛いと口の中が痛くなり、その痛いところにさらに辛いものを放り込むという得がたい体験ができました。最後には突き抜けてきて、スープがとってもおいしく感じました。
有名な、抹茶を練り込んだスパゲッティに生クリームとあんこが載ったものも別の人が頼んでいたのですが、僕はメンのにおいだけで駄目でした……。
そのあとは軽く飲み会をして、次の日に備えるということになりました。が、3時まで飲んでました。
頭の悪い東大生的言語パフォーマンスをしてたことを絶賛反省中……。

二日目。
舞台です。朝ご飯を食べて、名古屋能楽堂へ。
大きい! そして綺麗!
国立能楽堂的なお金のかかった能楽堂です。名古屋はお金があるんですね。
1時の開演前から、OGのT津さんが見に来てくれました。日本酒も差し入れてくれました(楽屋で飲む用じゃないです。夜用です)。
まずは合同素謡。女性が「鞍馬天狗」、男性が「大江山」です。
I藤さん、A木君が、他大学の中にまざってがんばっていました。
そこから、各大学の仕舞がはじまります。途中からは裏にいないといけなかったのであまり見られなかったのですが、どの大学も、色合いは違いますがそれぞれに上手でした。
驚いたのは、見所に一般のお客様が結構いらっしゃったこと。どこで知ってこられたのかわかりませんが、ありがたいことです。今後の舞台予定を聞かれましたが、名大さんの舞台予定を把握していなくて答えられなかったのが心残りです。
舞台が終わったら、ご飯を食べて、今度は夜の舞台です。詳細は秘密です。各大学とも、傾向を踏襲していたとだけいっておきましょう。つまり京大はあんな感じで、名大はあれで、神女はああいうので、東大はこういうのだった、ということです。僕は高津さんにいただいたお酒が飲みやすくかつおいしくて、結構飲んじゃってからふなっしーのものまねをしたのでつらかったです。この日も3時まで起きてて、しかもめんどくさい感じになってて京大の先輩にご迷惑をかけました。ゴメンナサイ……。

三日目。
残念ながら、観光には参加できず、9時頃に先に失礼しました。新幹線で東京に帰ってきて、まず駒場部室に行って荷物を置き、山手でラーメンを食べて、観世能楽堂へ。桃々会の演目は、「蘆刈」関根祥丸、「卒塔婆小町」関根祥六。どちらもすばらしい舞台でした。祥丸さんはやはりかっこいい。「いい男」です。そして先生はやっぱりすごい。物事に立ち向かっていく気合、気迫、気概を、いつも見せつけられます。終演後は、OBさんたちとお茶を飲み、ゑ様にご飯を食べさせてもらいました。

という、リア充な三日間。
新入生の皆さん、東大観世会に入りましょう。リア充になれます。


(今回は改行多めで書いてみましたが、これが限界です。よって、僕はアイドルにはなれません。改行いっぱい、きらきら☆。なブログがかけないから。)

(五)

PageTop

今週の柏蔭舎(3月第三週)と、よくある?Q&A

久しぶりに、(五)です。
最近は、後輩に書いてもらったり、数回連続で日曜日の稽古を休んでいたりして、ブログはご無沙汰でした。

今週の稽古は、まず11時から、春四の「夜の舞台」(卑猥な意味ではありません)のお稽古。半ば徹夜明けのようなハイテンションで久しぶりに登場したM田さんに、みんな引っ張られ続けでした。例年と違って、一週間前に急に稽古しただけ、になってしまいましたが、台本のレヴェルは高いし、当て書きがうまくいっていてみんな楽しそうだったし、春四であう皆さん、どうぞお楽しみに。
さて、久闊を叙しつつみんなでカレーを食べて、午後は普通のお稽古です。
今回は久しぶりにT山さんが参加され、さらにK太さんもいらして、賑やかな稽古となりました。
稽古内容は舞台直前らしく(といっても、僕は舞台前最後の稽古だということには全然気づいていなかったのですけど)、本番と同じように仕舞を合わせ、素謡を謡いました。まだうろ覚えなの? とちょっとひやっとする感じもあったのですが、たぶん大丈夫でしょう。今年の我々は上級生ばかりですから。(これは自虐です。)
話し合いでは、東大観世会はなにが売りなのか? どうやって新入生に売り込めばいいのか? ということを議論しました。僕が勝手に理想としてたほどは盛り上がらなかったけど(もうちょっとがんばって議論をコーディネートすべきだったなー)、いろんな意見が出ました。これらを実行に移していきたいですね。(ビジネス的にいうと、ここをスタートにPDCAサイクルをまわしていきたいですね。)

今日のおやつ
I藤さんのモロッコ土産、唐辛子チョコレートの残り(のどにくる感じでした。おいしかったけど。ちなみにモロッコといえば性転換、というイメージはもう古いらしいです)。
僕の母親が大阪で買ってきた、利休古印をかたどった落雁(ですが、僕もそれを解説せず、誰も聞かなかったので、たぶんみんなわからないまま消費したことでしょう。熱く語ってた母親よ、ごめん)。


さて、今日はぽかぽかと春の陽気で、駒場に行ったら新入生とその母親がいっぱいいて、過ぎ去りし遠き日々よって感じでしたが、そんなわけでそろそろ新入生で「東大観世会」とか検索する人もいるかもしれないので、よくある(かどうかは知らない)Q&Aでも書いときますかね。

Q 宗教じゃないんですか?
A たしかに、その疑問はもっともです。「東大観世会」なんて、いかにも宗教っぽいですよね。「観世音菩薩」の「観世」と一緒ですし。
でも、東大観世会は宗教ではありません。どの宗派、宗教団体とも関係はありません。
しいていえば仏教と親和性が高いですが(中世に生まれた芸能なので当然ですよね)、神道の話も出てくるし、キリスト教関連の新作能もあります。
でもそれはお話の種として、であって(たとえば、お寺の縁起=成り立ちを語る能というのがいくつもあります)、ある特定の宗教に深くコミットしているということはありません。僕らが関わりたくないと思ったりする「宗教」と、東大観世会は全く違います。

Q 兼サーはできますか?
A できます。自主練は随時できますが、みんなで集まってするお稽古は基本的に週一回日曜日のみです。それと月に二回の師匠稽古(日程は先生次第)が、参加必須な活動です。つまり、平日はヒマです。自由に使える部室があるので、毎日お稽古していてもいいし、別のサークルに行っていてもかまいません。謡とか型とかを各自の努力で覚えなくちゃいけないので、そこの苦労はあるとおもいますが、それさえ乗り越えれば兼サーできます。

Q 部室はありますか?
A 上にも書きましたが、あります。しかも、駒場と本郷両方にあります。

Q どのくらい拘束されますか?
A どのくらいコミットするかは自分次第です。東大観世会という集団として舞台に出るので、ある程度の稽古はしてもらわないと困るし、覚えるものは覚えてもらっていないと困りますが、そこさえクリアすればあとは自分次第です。今いる会員の中にも、毎回いる人もいれば、ときどき来る人もいます。舞台に出るかどうかも自分で決められますし、忙しくなりそうだったら休会もできます(休会中の会費は免除になります)。

Q どのくらいお金がかかりますか?
A 会費は、入会して最初の半年は無料、次の半年は半額です。今年度(2013年度)の場合、会費は上半期下半期ともに12000円、月あたり2000円でした。つまり一年生だったら、下半期に6000円だけ、ということです。その他に、舞台料(2000円とか)や扇を買ったり(5000円くらい)、着物を買ったり、本を買ったりといろいろな出費はありますが、扇も着物も本も貸せるので、買いたいとき、買えるときに買えば大丈夫です。
社会人になってはじめたり、自分で先生につこうと思ったら、おそらくこの何倍もお金がかかります。舞台に出ようと思ったら、とんでもない額のお金がかかります。お能(ここでは狭義の能、つまり装束を着面をつけ囃子、地謡、ワキもはいった、いわゆる「能」。ふだんは広義の能つまり「能楽」のなかの、「仕舞」(紋付で、扇一本だけを持って曲の一部を舞う)を稽古しています)をしようと思ったら(東大観世会に入れば、お能のシテをするチャンスがあります)、三桁のお金がかかります(300円とかじゃないですよ。その単位は「万円」です)。
学生のうちにやれば、もう計算する気もなくなるくらいお得です。しかも、人生が豊かになり、教養が身につき、礼儀も身につき、就活で語れます。レポートの種にもなります。やるしかないでしょ。

Q 東大宝生会、東大狂言研とはなにが違いますか?
A 東大宝生会、狂言研とは、同じ「能狂言研究会」の違うパートという関係です。東大宝生会は同じシテ方の稽古をしていますが、あちらは「宝生流」、こちらが「観世流」です。どちらも「上掛かり」といわれて、似ているとされていますが、見てみると結構違います。それぞれに良さはありますが、観世流の良さは、江戸時代からずっと最大流派だったので、謡本や型付けその他が豊富でよく整理されていて、わかりやすく稽古しやすいことなどが挙げられます。狂言研は能とセットになっている「狂言」をやるサークルです。
東大観世会のほかの二派との違いはおもに、①毎年能を出している、②お囃子を習っている人が多いの二点でしょうか。①ですが、したがって能(先述の「狭義の能」です)に出るチャンスは段違いに多いです。シテだけではなく、ツレ、ワキ、ワキツレ、囃子、地謡など、関わり方は様々ですが、シテ以外は学生じゃなかったらまずできないといっていいでしょう。シテだって、社会人になってからやるにはお金持ちになっていないといけません。②のお囃子ですが、これはあこがれる人が多いんじゃないでしょうか。笛、小鼓、大鼓、太鼓のどれについても、習っている先輩がいます。どの楽器もいままで見てきたリコーダーやピアノ、バイオリンなどとは違ったかっこよさがあります。また、お囃子を習うことで能そののものへの理解も格段に深まります。やっておいてそんはないでしょう。こちらも、学割があったり、先生によっては御月謝を取らずにお稽古をつけてくださっていたりします。

長くなってしまったので、今回はこのくらいにしておきましょう。また、誰かが付け加えてくれるでしょう。

ではまた。

(五)

PageTop

今週の柏蔭舎(3月第二週)

柏蔭舎で稽古しました。三時ごろまでT瀬さんで二人で、春四で出すお互いの仕舞を合わせたり素謡の竹生島の地謡の部分を合わせたりしました。三時ごろにI藤さんが来たのでI藤さんがモロッコ旅行のお土産に買ってきてくれたトウガラシ味のチョコをいただきながら話し合いをし、金曜日の師匠稽古に向けてもう一度大体の演目を復習しました。一年生の頃はフシを憶えて、それを口に出すだけで精いっぱいだったのですが、最近は去年と比べるとどう謡っていくかを思う余裕が少しだけ出てきて謡が楽しくなってきました。
気づけばもうすぐ春四。来週はコンパ芸の稽古もする予定です。今年はどんなものになるのでしょう。

今日のおやつ 「トウガラシ味チョコレート」  
       I藤さんいわく、『意外とおいしい。』意外って…

PageTop