東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週の柏陰舎(11月第三週)

こんにちは。マフラーはいいけど、手袋はまだ早い気がします。(私の個人的な意見です。)そんな季節です。

今週は駒場祭直前ということで、駒場祭で出す演目を中心にお稽古をしました。

一年生は全体的に地謡が危険なので頑張らなくてはなりませんね。暗記!頑張ります!

先輩方がなされている小袖曽我は息を合わせるのが難しそうで、練習を見る度にすごいなと思います。特にお囃子だけで舞っているところは難しそうだなと思います。

お囃子が全然わからないので、私には何がなんだかさっぱりです。小鍛冶練習時に先輩方が謡ってくださる?お囃子の言葉?を聞くので、ほんの少しだけ知識を得たのですが、習いに行っていないのでわかりません。できたら楽しいのだろうなーと思いながらいつも聞いています。何かお囃子を始められたらなーとは思いつつも、自演会前は難しそうなので、自演会後に何か始められたらなーと思っています。


色々頑張ります。

それでは。

(ふ)


スポンサーサイト

PageTop

平成26年度自演会のご案内

皆様のおかげをもちまして、東大観世会は今年も、下記のように 東京大学観世会・東大観世OB会 合同自演会を開催いたします。

                  記
 東京大学観世会
           合同自演会 
 東大観世OB会


  とき  平成26年12月20日(土) 午前10時始 午後6時頃終演予定
                       入場無料・入退場自由
  ところ 14世喜多六平太記念能楽堂(目黒駅徒歩7分)

   学生能「小鍛冶」、舞囃子「小袖曽我」ほか、仕舞、素謡、連吟など
                 演目の詳細はこちら

会員一同、会に向けて精一杯練習をしております。
皆様お誘いあわせの上、ご来場くださいますよう、お願い申し上げます。

H26自演会チラシ(表)縮小

H26自演会チラシ(裏)縮小



PageTop

今週の柏陰舎(11月第二週)

寒さが厳しくなってきましたね。お昼は晴れていればぽかぽかしていますが、日が落ちると寒いです。

今週の土曜日に小鍛冶の練習を行いました。お囃子をやってくださるOB・OGの方々も参加していただきました。私は初コミプラでした。コミプラは広く、地謡のときにいつもより先輩方の声が聞こえず不安になりました。不安になると声が小さくなりがちなので気を付けます。畳でない床での稽古では足がしびれやすかったです。足の裏をつりました。(冬に正座をすると私はよく足の裏をつります。)


日曜日のお稽古で、私は初めて駒場祭で一年女子も舞うことを知り驚きました。(神はもともと舞うつもりで、まは金曜日に知ったそうです。みんな思っていることがバラバラでした。)びっくりしました。確認を行うように気を付けます。

蝉丸の右足左足問題や土蜘蛛のフェードアウト問題など色々な個人的に直さなければいけない問題があるので練習します。

なんだかんだであっという間に自演会が来てしまう気がするので、一回一回のお稽古を大事にしていきたいです。

それでは。


(ふ)

PageTop

今週の柏蔭舎(11月第1週)

もう11月ですか。はやい、はやすぎる。
町中がハロウィーン一色だと思っていたら、瞬時にクリスマス仕様に変わる日本って何なんですかね。11月はどこにいったんだ。

なんと自演会が来月にせまって来た(信じ難い…)ということで、今週の午前は現役の来られる人で集まって能小鍛冶のお稽古をしました。久々に面をかけて舞ってみたのですが、視界が狭まるとバランス感覚が(いつも以上に)悪くなりまっすぐ進めなくなったり小回りがふらついてしまう、足下が気になるせいか面が下向きになりがち、などなどなど…まだまだ課題が多いです。こんなふらふらな状態なのに装束なんてつけたらどうなってしまうのか…非常に不安になったのでもっと稽古が必要だと思いました。精進。


午後は他の人の自演会の仕舞や、素謡「土蜘蛛」の稽古をしました。
今年は他大の人が多く今週末が学祭だったということもあり、一年生はF木さんしかいませんでした。…ということで、上級生は自分たちの稽古がはかどったのではないかと思います。
次の金曜日(!)にある師匠稽古にむけ、各自来ていた人の仕舞を何度か合わせて地謡との調整をしたり、自分の入っている謡の稽古をしていました。Lさんは融の仕舞を頑張って覚えていました。融は楽しそうだけど、色々な型がある且つ掛け合いがあって非常に大変そうでした。ガンバレ。


あと15:00〜フランスからの留学生のシャルロットさんが見学にいらっしゃいました。モダンな能について研究されているそうで、そのために古典的な能も知りたいということでした。(ちなみに日本語はあまり話せない方でした。)私は英語がからきし駄目なので上級生のM葉さんやT山さんに対応を丸投げしました(すみませんでした…)が、お二人とも英語でぺらぺらとコミュニケーションをとっていて格好良かったです。見習います。

以上、三年の伊でした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。