東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春の四大学交流会(略して春四)

この前初めて大濠公園能楽堂に行って来ました、優です。近々、厳島神社の能舞台も見に行く予定です。

さて、東大、京大、名大、神女の四大学が集まる春四が、3月11~13日に京都で行われました。
京都に行くのは、中学校の修学旅行以来で、私は前日入りして、観光を楽しみました!(お目当ては新選組ゆかりの地)

一日目は午後に集合して、ホテルで素謡会だったのですが、そのホテルが「ホテル本能寺」という本能寺直結のホテルでした!信長の「人生五十年」で有名な敦盛は、幸若舞ですが、能の敦盛の連吟か仕舞をやったら、面白いだろうなと思いました。
素謡会では京大の「海女」が迫力があり、かっこよかったです。

夕飯は4つのコースに分かれて、京大観世おすすめのお店に足を運びました。私のコースは京大付近にあるお蕎麦屋さん。胡桃をすりつぶして、蕎麦の薬味にして食べるという、何とも贅沢な体験をさせていただきました!

二日目は、ホテルから徒歩圏内の大江能楽堂で、仕舞や舞囃子の発表会です。大江能楽堂はとても歴史を感じさせる色合いのお舞台で、見所は二階席までありました。
私の仕舞は巻絹キリだったのですが、袴がエンジで、しかも足拍子で裾を踏むほど下がってきていたので、本物の巫女みたいだったようです。(黒紋付きではなく、白の着物の方がよかった?)
拙い舞台ではありましたが、観に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

二日目の夜はお楽しみの夜舞台です。かつらとドーランとリンゴを用意して、富士太鼓の世界にデスノートが存在したら、という劇(?)をしました。内容はご想像にお任せします。

意外と長くなったので、今日はここまで。

(優)

スポンサーサイト

PageTop

追悼

本日は、先月の22日に亡くなられた、関根祥雪先生のご葬儀に参列させていいただきました。

東大観世会に入って2年目の私は、直接先生にご指導いただいた期間が半年もありません。
そのため、新入生として一から優しく教えてくださり、稽古後は「花」や「無」といった高尚なお話をされていたという印象のみ残っています。
しかし、先輩方の話によると、祥雪先生のお稽古は厳しく、特に清経や安宅といった一部の曲を見ていただく際は怒鳴られるのを覚悟しなければならない反面、お稽古後にはピザを取ってくださることもあったそうです。

また、先生がよく、「動十分心 動七分身」とおっしゃっていたことも憶えているのですが、まず心を十にすることが難しく、まだまだ意識できるほどに至っていません。この言葉に少しでも近づけるよう、一層お稽古に励みたいと思います。

祥雪先生、東大観世会を長年ご指導いただき、ありがとうございました。
先生の惜しみないご指導は、私たちの胸に今も刻まれています。
最後になりましたが、会員一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

会長 小林優紀

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。