東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

観世Tシャツ

 高津さんとぐっさんのお陰で今年も観世Tシャツが制作された。高津さんが企画し、ぐっさんはデザインを担当した。二人とも、お疲れ様でした。今度からはこのブログで宣伝しておくというのはどうだろう?もっと注文が来るかもしれない。
 さて、今年のTシャツの柄は「小袖曽我」をモチーフとしている。いままでのデザインが特に曲を指定したものでなく、「能」を題材にしていたことを考えると、大きな方向転換である。デザインはぐっさんと述べたが、実は話し合いの中で方向性(小袖曽我を柄にする)が決められたので全体の意思であると考えてもあまり問題ない。今年の「小袖曽我」対するこだわりが見られる、と思う。

 最後にどうでもいい話。去年の観世Tシャツを実家で着ていたら、母親に「なにそれ?ポケモン?」と聞かれた。ポ…ポケモンですか?タイムリー性を狙っていたわけではなく、本当に分からなかったようだ。

カシワムラ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

無事作れて何より(無事でない部分もあったが…)
Tシャツの値段の内訳は、
ボディ(無地のTシャツ)代+プリント代+製版代
であり、ボディとプリントは「1枚についきいくら」なのだが、
製版代はデザインを版に直してもらう料金であるため、何枚注文しようとも「一律いくら」なのだ。
…つまり!!注文する枚数が多ければ多いほど、結果的に製版代をその枚数で割ることになり、1枚当たりの価格が下げられる!!
…というわけで、もしこのコメントを見てくださったOBの方、来年は是非ご注文をお願いします。

さくらこ | URL | 2009-10-03(Sat)21:05 [編集]