東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏陰舎(11月第一週)

今週は午前中に舞囃子「養老」の稽古、午後に通常稽古の一日となりました。
午前、養老の稽古では、地頭I内さんが不在。どうやら失念していたらしいです。いつもはI内さんの強力なリーダーシップに助けられているわれわれはなかなか苦心をしましたが、怪我の功名というか、太鼓の「頭」を聞き取れるようになり、どこから謡いだしてどこで止めるかがある程度把握できました。来年は医学部6年のI内さんは試験で忙しく、今の3年生4年生も稽古にあまり来られなくなる、というような話がちらほら聞こえていますから、われわれ1年男子はそろそろ先輩たちに頼り切りにならずに自立していろいろできるようになっていく必要があります。その意味では有意義な稽古になったのではないでしょうか。
さて、フリーマーケットが行われている東大前商店街でお弁当を買い、午後の通常稽古になります。今週は会長がおやすみで、Y鳴さんも欠席、何となく物寂しい感じです。最初は、上級生は自演会の番外仕舞の地謡の練習、1年は2年生と一緒に素謡「土蜘蛛」の練習と、みんなが正座している状態が続きました。「経正クセ」と「蝉丸道行」を合わせて、話し合いに。今日は会長不在のため、誰が仕切るのか、という話になって、I谷くんが仕切ることに。はにかみつつもしっかり仕切ったあたりが、振られたのに「いやあ」とか言ってごまかした僕とは違ってさすがです。そろそろ自演会に向かって実務的ないろいろが忙しく動き始めています。
さて、話し合いのあたりからぼつぼつ人が帰りはじめて、5時頃にはすっかり少人数になってしまいました。めげずに仕舞をいろいろあわせましたが、だんだんと疲労の色が濃くなり(I谷くんなどはぐったりなっていました)、6時半頃お開きとなりました。

「今日のおやつ」
OBのゑさんが持ってきてくださった、「アシタバサンド」でした。アシタバは今日摘んでも明日には芽が出る生命力の強い草。一方観世会は今日の疲労で明日ぐったりしそうな人がいっぱいいました……。

やらなきゃいけないお勉強があるのですが、少しだけやったらブログを書きはじめてしまいました(こういうのを世間では「現実逃避」と言います)。書き終わったからお勉強を再開しようか、と思いましたが、明日は資源ゴミの日。新聞やペットボトルのまとめもしないといけないし、洗濯も料理もあります。大学に入ってから、もっぱらこういう家事とサークル活動を通じていろいろ学んでいます。それでいいんじゃないかと思います(高等教育は「制度化された無駄」らしいですから)。

ではまた来週です!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

更新ありがとうございます。日曜日はたくさん稽古しましたが、アシタバの力なのか翌日は元気でした。

ト山 | URL | 2011-11-08(Tue)08:40 [編集]