東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の900番講堂(11月26日)

駒場祭の舞台の日です。女性陣は9時半から着替え、男性陣は10時から着替えで、準備は女性陣の役割、男どもが……男どもっていう感じじゃありませんが、男子たちが900番講堂に着いたときには支度はもう終わっておりました。先輩方の話では例年は全然お客さんがいないらしいのですが、今年はそんな話が嘘のように大勢のお客さんがいらっしゃいまして、まことにありがたいことでございます。まずはじめは東大宝生会の仕舞。それから東大観世会の仕舞があって、最後に東大観世会の舞囃子が二番(「養老」と「田村」)という番組です。僕はずっと裏にいたので各人の仕舞の出来がどうだったのかはよく知りませんが、……どうでも良いですがこの裏というのがまことに寒い、芯から冷え冷えとした場所で、次の日になってみたら東大観世の面々はほとんどが風邪をひいてしまう始末で、どうにもしようがありません。で、僕はこの舞台でおしまいの方を間違えましてそれからすっかり怖くなってしまったのですが、それは私事で。
ともかく総じて舞台を無事に務めまして、終わったらさっと帰らなきゃいけません。次があります。鏡板とそれを立てかけていたなんだかよくわかんない衝立、シートがたくさんに柱が三本。これを今度は男子で部室まで運ばなくてはいけません。朝はまだ、昨日おいといたやつを広げるだけで良かったはずですが、部室まで持って行くとなると大変なことです。ことに東大観世会にはひょろひょろが多いのですから……なんてひょろひょろの見本みたいな僕が言ったところでどうにもなりませんが(何せ僕は1日目にシートを二つもって部室を出て、途中で持ちきれなくなって一つおいていってあとでほかの女の子に持ってきてもらったくらいですから)。で、皆で荷物を持って部室に行き、部室でしゃべっていたのですが、さっき見たところではまだ荷物がありそうだったのでI内さんと僕で取りに行き、その帰りにOBのNさんにお会いしました。Nさんにもシートを持って頂いたりして、ありがとうございました。そのあとまた部室でぐだらぐだらして、女性と入れ替わって着替えをし、三々五々分かれました。

何はともあれ、ご来場頂きました方々には大変ありがとうございました。

その翌日のお稽古の様子は、また明日くらいに更新いたします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。