東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の……居場所がない人たち(11月第四週)

さて駒場祭があろうとなかろうと日曜日は東大観世会の稽古の日です。ところがいくらそういってがんばってみても、駒場祭があるっていうことはどうしようもないので、柏陰舎は使えません。よくは知りませんが、茶道部かなんかが使っているらしいです。茶席を催しているのでしょう。ともかくそんなわけで、行き場を失ってしまったわれわれは茫洋として……いや、朝は行き場がありました。師匠稽古でした。月に二度の師匠稽古は気が引き締まります。大学の講義受けたって別にすがすがしい気持ちにはなりませんが、師匠稽古に行くと気持ちがすっとします。
で、先生のうちを昼過ぎに出て、さあこれからどうしよう、公民館みたいなところが5時半からとってあるのですが、それまでにはまだかなり暇があります。帰る人は帰って、I内さんT津さん会長と僕、それに二年生女子三人で中井のパスタ屋に入り、それから大江戸線をずっと乗って本郷に向かいました。途中でI内さんはすーっといなくなってしまいました。どうでも良いですが大江戸線に乗っていると僕はどうも不安になってしまいます。ほかの地下鉄だと別に地下に閉じ込められている感じはしないのですが、大江戸線だけはどうにも閉塞感を感じて息苦しく、怖くなってしまいます。車両も小さいですしね。ともかくも無事に閉じ込められたりしないで本郷に着き、本郷部室で謡の練習をして時間を過ごすことになりました。本郷部室には初めて行ったのですが、古くさくて良い場所でした。のぼっていく階段の形もすてきです。部室の中には面白そうな本がたくさんあり、なんだかうれしくなってしまいました。それにしても本郷というのは駒場と違って空気が重苦しいですね。嫌いじゃないですが。
さて、4時間くらい時間があったので、狂言の真似やらなにやらいろいろして、そのうちに会長はしばしの眠りについたり、K太さんが運動部の格好で現れたりし、ようやっと5時になりました。湯島会館に移動して舞の練習をしたはずですが、僕はすぐに帰ってしまったので詳細は存じません。
実は前日風邪っぽくて、少し無理して稽古に参加していたのですが、そのうちにだんだん元気になったのを良いことに最後の方までいてしまいました。そのせいで月火と大学を休むようなことになりまして、未だにのどが変な感じです。皆様方におかれましては、体調がおかしいな、と思ったらばすぐにおやすみになられたほうがよろしいかと存じます。

ではまた来週ですが、来週は僕はお稽古に参加できませんので、どなたか別のものがかくことになるでしょう。お楽しみに!

(五)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する