東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(10月第一週)

お久しぶりです。二ヶ月か、三ヶ月くらいサボってしまいました。ぼくが書き始めたのは去年の9月のはずなので、そろそろ1年生にバトンタッチしていい頃だと思うのですが、以前ちょっと水を向けたところが余り乗り気ではなかったので、とりあえずまたぼくが書こうかとおもいます。
物事は律儀に毎回毎回やっていかないと駄目ですね。掃除も洗濯物も、まとめてやろうとすると大変なことになってしまい、それをなんとかすることを考えると躊躇して、手をつけられなくなるという負のスパイラルに陥ります。ちなみに、負のスパイラルは僕の愛用語の一つです。言い換えると、負のスパイラルを言い換える語彙を持っていないということです。
柏蔭舎の上の方(天井、照明、鴨居、長押など)も、誰も手をつけないままほこりがたまりっぱなしになっていました。去年一回、「上の方汚いですねえ」といってみたのですが、「まあ今回は」ということでそのまま放置されました。
久しぶりに幸田文の「こんなこと」の、露伴から掃除の稽古を受ける部分を読み直して、思い立って掃除をしようと思いました。ところが高いところの掃除には欠かせないはたきがない。部屋を見渡すと、Y口さんが巻絹ツレのお稽古のために作ってくれた巻絹(竹に紙を挟んだもの)があります。これは、長さがたりないため新しいものを新調することになっていて、不要になることがわかっています。材料はこれに決まりました。作り方はよくわかりませんが、以前母親がどこかで作ってきたことがあります。母親にできるくらいならできないはずはない。そのまま作り始めました。
竹の棒は割れ目を入れてあるので、割れが広がってしまわないように糸を巻き、竹に糸だけでしっかり紙を(布がなかったので、巻絹として挟んであった和紙を代わりに使いました)くけることに苦労しつつ、なんとか完成させたら、午前三時になっていました。
それで今日、柏蔭舎中をはたきまわったら、大量のほこりが降下しました。ほこりアレルギーに苦しむ人を出しつつも、柏蔭舎がある程度きれいになったので僕は満足です。

「きょうのおやつ」
M葉さんの、ロイズのポテトチップスにキャラメルチョコレートがかかったというおそろしくもおいしいもの、M鍋が買ってきてくれた京都土産のやつはシガレットでした。さらに、お菓子ではありませんがカナダにホームステイしていたM田さんが、女性陣には写真入れ、男性陣には、レンズにお化けカボチャが浮き出たサングラスを買ってきてくれました。ありがとう!

稽古の話なんもしてないですけど、これでおしまいっ。
(五)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお久しぶりにごみごみん!
今日は直接お邪魔して皆の熱心な活動ぶりを感じることができたけど、普段はなかなかいけないから、ブログで活動報告があると嬉しいな☆
けど、無理はせずにね。

ゑ | URL | 2012-10-08(Mon)00:25 [編集]