東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(1月第四週)

今週はセンター試験がないので(当たり前です。そんな毎週あったらたまりません)いつも通りの柏蔭舎での稽古です。
集まったのは四人。A木、I藤、T瀬さん、そして僕。最近はこの四人が「いつものメンツ」となりつつあります。
まず1時からは、各自で仕舞の練習。自分の稽古をしながらボンヤリ、I藤、A木の練習するところを見ていたのですが、いやあ、うまくなりました(上から目線で何ですが)。人数が少なくなった上に執行学年の三年となって、自覚が増したからでしょうか。A木の「善界」なんて不覚にも「かっこいいな」と思ってしまいました(その後あわせた時はバタバタしてしまって今ひとつでしたが(笑))。
2時からI藤さんが新歓の会議に出席するので、1時40分頃からまずI藤さんの「嵐山」をあわせ、それからだんだんと他の三人の仕舞も合わせていきました。3時少し前にI藤さんが帰ってきて、3時過ぎから話し合い。自演会の時に差し入れていただいたお菓子をおいしくいただきました。自演会後はバタバタしたり、来る人が少なかったりして、いただいた差し入れの整理ができておらず、いくつかはせっかくいただいたのに賞味期限を過ぎてしまっていました(ごめんなさい)が、それらもちゃんといただきました。心づくしの差し入れをちゃんといい状態でいただくことができなくて、大変申し訳なく思います。差し入れをくださった方、ありがとうございます!
さて話し合いでのメインの話題は、やはり新歓のこと。今年こそは新入生に入ってもらわなくては困るので、本気です。去年の失敗の一因は、「まあ入るだろう」とタカをくくっていたこと。慢心はいけませんね。僕は実際どう思っているかとは関係なく消極的な発言をしてしまうクセがあって、話し合いの席上何度かI藤さんに叱られましたが、今年の新歓は僕も本気です。やはり新入生に入ってもらうには僕らがかっこよくかつ楽しそうに見えることが大事だとおもいますが、これは付け焼き刃では無理で、新歓は難しいですね。
1時間くらい新歓の話をして、4時過ぎからは春四の素謡「竹生島」を謡いました。それから仕舞の地と(僕が入ってから今までずっと男女別の地謡でしたが、春四では混地かつ共地(仕舞を舞う人も待っている間は謡うやり方)になってしまい、人数が減ったさびしさを感じます)、春の閑祥会で謡わせていただく高砂の連吟を稽古して、定時6時に終わりました。
今週は少人数、高密度の稽古だったように思います。気心の知れた五年、三年、二年なので、謡のそろい方はかなり良い感じになってきているのではないかという感じがします。まあそれは去年新入生が入らなかったからなので、単純には喜べないのですが。

久々に「今週の名言」
T瀬「えーおれ不器用だもん。……高倉健にあこがれてるから。」

(五)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

名言が迷言すぎて楽しいですね。

皆さん元気そうで何より。
来週、年末年始のおみやげもっていきます!

ぐ | URL | 2014-01-28(Tue)23:47 [編集]