東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(4月第四週)

今週の稽古は一年生がなななななあんと!五人もきてくれました。豊作わいわい。天の恵みに感謝!それぞれ個性豊かで、入ってくれたらまたいちだんと観世も良いサークルになりそう、と期待で胸がいっぱいです。
今週の日曜の午前中は新歓で設置した立て看の片づけがありました。ぼくも「手伝いにいくいく~」と新歓担当のI藤さんに言っておいたのですが…起きて時計を見たら、もう作業が始まる時間!!ドバっとふとんをふっとばして、シャワーをしゃわっとあびて、すぐに駒場に向かったのですが、着いた時にはもう作業は終わっていて。。ほんとごめんなさい。
部室に行くと作業してくださったG味さん、I藤さんは、寝坊した僕にも怒らず、やさしく微笑んで僕を受け入れてくれました。反省。

そのあとは三人で駒場のイスラエル料理にお昼ご飯を食べにいき、よっしゃ稽古だ。
一年生の指導をするのにはまだ不慣れで、自分が舞うときの身体の動きを伝えるときに「ぐ~っと」など擬態語を多用してしまい、もうちっと上手く教えたいなーと、去年後輩のできなかった自分にとってうれしい悩みが出てきています。
一年生とわいわいやっていたら、気づいたら17時。急いで上級生の稽古もやらないと!と閑祥会の仕舞を合わせたり、春のOB会でだす素謡「小袖曾我」を謡ったりしました。

稽古後には柏企画。M葉隊長のもとたこやきをばんばん焼いていきました。最後にはパフェまで。狂言研のH條さんや徳Nさんもいらっしゃって、にぎやかな柏企画になりました。

次回の稽古(4日)は、三商大学交流会に賛助出演としてお誘いをいただいている関係で、稽古時間が11:30~15:00と変則的です。ご注意ください。

                                          (青)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する