東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週の柏蔭舎(5月第三週)

今週の稽古は、暑かったです。夏が近づいてきたなーという感じです。はやく夏休みこないかな。
とゆるいことを考えていますが、柏蔭舎では、夏が近づいてくるということはあの強敵がやってくるということでもあるのです。そうです、蚊です。柏蔭舎は一二郎池という、いかにも生物多様性に富んでいそうな池に隣接していて、暑いからと窓を開けておくとやつらがやってくるのです。蚊が来ても、気にせず蚊に血を吸わせてあげるほど器の大きい人間になりたいのですが、いざ蚊がくるとついつい戦闘態勢になってしまいます。でも、蚊って実は人間からしてみると脅威で、ヒトの命を最も多く奪っている生物だという話もあるので、戦う大義名分はあります。たぶん、マラリアとかがかかわってくるので、日本では脅威として成敗するのはおかしいですが・・・
ちなみに、ヒトの命を奪っている生物ナンバー2は人間自身だそうで、皮肉なもんじゃ。

さて、今日は五月祭の裏番組でしたが、新入生が二人も来てくれ、しかもOBのN島さんやOGのゑさんもきてくださり、にぎやかで楽しい稽古でした。春の会に向けて、仕舞を合わせたり、素謡小袖曾我を通して稽古したりしました。
一年生のふたKさんはすでに地に合わせて熊野を舞えるようになってきていて、すばらしいです。一年生の仕舞の地頭をつとめることになることもあると思うので、デビューを気持ちよくかざれるようにしっかりと自分自身の稽古もおろそかにしないようにしなきゃ。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。