東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(6月第三週)

よく晴れた日曜日。
世間がワールドカップに沸き返るのをよそ目に、今週もお稽古にやってきました。
まずはご挨拶から、
         「こんにちは~」
 A木さん「こんにちはー。サッカー見た?」
         「サッカーってなんですか?」
 M崎さん「ボールを蹴って・・・」
         「なんでそんな酷いことするんですか?!」
すみませんでした。
謡の練習をしましたが、のどの使い方や腹式呼吸を心得ていないせいか、時間の経過とともにのどが辛くなります。観世の皆さんはいい声をお持ちでうらやましいです。
もちろん、舞いの稽古もしましたが、こちらはだんだん振付が身に付いてきたように思われます。先週の師匠稽古の内容も頭に入ってるし(入ってるだけですが)、自分的にはもうこれで満足です。記録をとってくださった先輩方ありがとうございました。これで思い残すことはありません。
後は任せましたよ、皆さん。私の屍を超えてお行きなさい・・・。
痛いっ!Hさん私を踏まないで!
さて、自分のできることが少しずつ増えていくことを実感できてうれしい限りですが、まだまだ至らないことのほうが多いことは自覚しております。これから精進していく所存です。誰か見守ってください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する