東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

コミプラ稽古

今日は駒場コミプラで自由稽古がありました。
試しに面をつけさせてもらったのですが、なんか不思議な感じでした。
自分の立位置とか、腕がどういう位置にあったりするのかとかが非常にわかりにくかったです。

関係ないけど今日学んだ?こと。

仕舞について→飛び返り時、右足はカカトで踏み切った方が(足の真ん中でやるより)キレイに(変に体の位置がずれたりしない)やれる気がした。

謡について→変に音程を一定に保とうとしすぎない?根っこ!

適当な文でスイマセン…
                     Hasegawa

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>いちかわさん
確かにあわてすぎなのかもしれません。
飛び返りはやっぱりむずかしいですね。

かわた | URL | 2006-11-28(Tue)16:35 [編集]


皆さんの飛び返りを見ていて「慌てすぎ」という印象を受けます。
踏み切るところも含めて全て型です。
踏み切りのモーションを極力短くするにせよ、まずはゆっくりと踏み切りの型を決めてから跳んではいかがでしょうか。

いちかわ | URL | 2006-11-20(Mon)09:41 [編集]


>かわた かねー、どーなんだろ。
     人によって感覚は違うかもだけど。

Hasegawa | URL | 2006-11-18(Sat)23:17 [編集]


確かに、飛び返りはかかとで踏み切る方がいいのかも。
その方が軸がぶれなくて着地が安定するし、右足も体に引きつけられる気がする。

かわた | URL | 2006-11-18(Sat)22:24 [編集]