東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(6月第四週)

1年生の更新が続いています。私は3週めですね。

日曜のお稽古の日は、朝から雨が降っていました。蛙の話や夏休みの話などしながらK山さんと柏蔭舎に向かいました。
午前中は着物と袴の着付け方を先輩方に教えていただきました。
私は母に用意してもらった着物を持っていきました。洋服と違い、着崩れないように紐や帯でかなりきつく締めるため、気持ちも引き締まるような気がしましたが、これで舞うのは辛いのではないかと思いました。
最後にF木さんとK山さんと写真をとってもらいました。楽しいです。

お弁当を買いに行って、食べて、そのままお稽古。
お茶大の能研の方々がいらっしゃって、まず一緒にお作法のお稽古を。私は一緒にはやりませんでしたが、その後謡のお稽古もなさっていたようです。
話し合いではおやつをたくさん頂き、個人的にとても嬉しかったです。お茶大の方々、先輩方、ありがとうございます。
私は紅葉狩の仕舞を謡に合わせるお稽古と、熊野の謡をやりました。
お稽古を初めて2ヶ月ほど経ち、型は覚えましたが、謡と合わせるのが難しい。反省することばかりです。しかし段々合うようにはなりつつあります。先生のおっしゃった歌舞の一体という言葉が思い起こされます。謡も覚えてきました。
K山さんは紅葉狩の仕舞と屋島の謡をやっていました。紅葉狩の仕舞は先輩に合格点を頂いていました。彼女は変な人ですが、勘がいい、というのでしょうか、覚えもよくて、尊敬します。

そんなこんなで朝から夕方まで、柏陰舎での一日が終了しました。お疲れ様です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する