東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

トラブルだらけの発表会

去る11月25日(土)、駒場祭にて東大宝生会、東大狂言研究会と合同で、合同発表会を行いました。

今回舞台として使ったのは900番講堂と名づけられた教室で、教室の前方に大きな舞台がしつらえてあります。能狂言が専門に使う舞台ではなく、合唱や楽団などの他の団体も使う舞台ですので、これを能楽堂と同じく三間四方の舞台に加えて横板と橋掛、といった舞台に作り直す必要が有ったのですが、これがまた一苦労でした。

開演は9時からだったのですが、前日からの舞台の設営は出来ず、当日の朝7時半に舞台設営のために集まりました。

作業としては市販のフローリング板(これがまたすべりが悪くて舞いづらいのなんの!)を張り合わせて舞台と横板、それに橋掛を作り、後ろに鏡板(能楽堂に入ると見える大きな松が書いてある、あれですね)を据えて、橋掛の先にお幕を取り付けて完成、となるわけですが、ここで大きな問題が発生しました。

例年ですとフローリング板と板の間を、透明な梱包用のテープで止めていたのですが、今年に限っては何故かテープが見つからないというアクシデントに見舞われました。早朝という事もあり文具店や雑貨店は閉まっており、仕方が無いのでフローリングと色が似たクラフトテープで張り合わせる、という事で一応の解決を見ました。

そうして、大慌てで舞台の設営を終え、何とか開演時間前に全ての作業を終えることが出来ました。

照明も本式の舞台と比べると十全ではなく、舞台としてもなんとも不恰好で、時間も9時からという都合のよくない今回の舞台でしたが、多くの人が足を運んで下さったことには本当に感動しました。そして開演時間から舞台を見に来てくださったOBのB氏、T氏のお二方にはこの場を借りてお礼をさせていただきます。
negi
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様でした。自分は恥ずかしいことに仕舞の際、ある動作を忘れてしまい、大変ご迷惑をおかけしました。駒場祭を通して、いろいろ勉強させていただきました。

Noh | URL | 2006-11-30(Thu)20:42 [編集]


「すそ」じゃなくて「袖」だ…

Hasegawa | URL | 2006-11-29(Wed)20:25 [編集]


駒祭お疲れさまでした。
個人的な感想を言うと、仕舞に関しては、去年の駒祭よりは大分地に足のついたというか、冷静な気持ちを保って出来た気がする。といってもまた新たな課題が出てきてしまったっぽいけど…

大鼓は…どうなんだろ。音が出なかった原因がイマイチ判明せず。着物のすその始末とかはちゃんとやってたので。かけ声については、録音したのを聴き返してみるとなんか気恥ずかしいw
「自分こんな声だしてたっけ?」みたいな。大分イメージと違った。 以上。

Hasegawa | URL | 2006-11-29(Wed)20:21 [編集]