東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

八月の柏陰舎(八月最後)

とっても涼しい日が続いています。昨日で8月が終わり、夏が終わったという気もしますが、今週末にはまた暑くなるようです。

今週は土曜日に師匠があり、日曜は秋の会前最後のお稽古がありました。

土曜日は先生からいつものように熱心なご指導をしていただいたあとに、ご飯に連れていっていただきました。とても美味しいお刺身やお鮨をいただきました。食事中には先生から様々なお話を聞きました。楽しかったです。また、先生のハーモニカ演奏も聞くことができて光栄でした。素敵でした。

日曜のお稽古ではまず自演会の演目を決めました。まさんは葛城で、神は胡蝶、私は蝉丸を舞うことになりました。来週からお稽古をしていただくのだと思うのですが、どのような舞なのか楽しみです。

そして秋の会でやる仕舞を合わせました。自身の仕舞では急いでいることがわからないように優雅に舞うことが課題です。当日にうまくいくように練習します。

そして先輩方がなさる演目は舞も地謡も難しく、地謡を覚えることが大変ですが、完璧に謡えると気持ちがいいのだろうなと思います。気持ちを込めて謡えるようになりたいです。

秋の会、頑張ります。



追伸
Tさん、まさんにお土産を渡しました。

先週のお稽古ブログをサボりました。すみません。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する