東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

秋の会

6日、杉並能楽堂で東大観世OB会の秋の会が開催されました。

能楽堂に着いて、着替えてすぐF木さんの西王母から秋の会が始まりました。

私は仕舞は草子洗小町を舞いました。
シテ謡いは本番になると緊張してお稽古の時ほど大きな声が出ませんでした。舞は今までで一番お稽古通りにできたと思われます。

最後は紅葉狩の合同連吟で締められました。


打ち上げではOBの方々とお寿司をいただきました。

皆さん気軽に話しかけてくださりました! なかなか陽気な方々で、テレビ、スポーツ、料理の話、OBの方々が大学生だった頃のお話などでき、楽しかったです。まず私は口下手なのを直したいです。

これまで年の離れた方とお話する機会があまりなかったため、滅多にない経験であり新鮮でした。
あと自分の教養のなさ、人生経験のなさを痛感いたしました!

あなたの個性とは何だと思いますか、と質問され、すぐに答えられないまま有耶無耶になったのを少し後悔しています。今でもはっきりと答えられません。
皆さんはすぐ答えられますか?
個性とは相対的なものではないかと思います。
考えこんでいたら、そんなに真剣に考えることではないとおっしゃいましたが。

そんなわけで秋の会終了いたしました。


Tさん、クッキーありがとうございました。おいしかったです。あのクッキーは私の今日の朝ごはんになりました。あまり体によくないことをしました。
ちなみに以前いただいたお土産はその日の夜ごはんになりました。

お昼寝したのに眠いです。夏休みも終盤ですが、まだやりたいこと、やるべきことが沢山あります。毎日忙しいです。

他に書くべきことがあるような気がしますが眠いので寝ます。お休みなさい。


(ま)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する