東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

秋合宿 パート2


M崎くんが先に秋合宿について書いてくれたのですが、私も結構頑張って書いたので載せさせてください…。


19日から三日間、秋合宿を行いました。

私は電車の乗り換えに失敗するというヘマを最初からやらかしてしまい、みなさんと違う電車で目的地へという残念なことになってしまいました。ホームが違うとは思わず、間違ったホームで電車を待っていました…。

最初からこのような大失敗をしたので、さらに何かやらかしてしまうのではないかと不安になりました。なんとかバス停でみなさんと会うことができ安心しました。

バスに乗っていると、窓からの景色がどんどん自然いっぱいになっていき、綺麗でした。

旅館に着き、まずお稽古をしました。空腹に耐えながらするお稽古はなかなかつらかったです。またご飯の良い匂いがしてくることが辛かったです。ご飯の用意ができたと聞いたときは嬉しかったです。ご飯はとても美味しく、少食なまさんも完食していました!良かったです。夕食後もお稽古をしました。私はお腹一杯食べて苦しかったので、謡を中心に練習しました。

お風呂の時間の頃にはT山さんもいらっしゃり、入浴後にはみんなで宴会をしました。カントリーマアムが美味しく、まさんと一緒に「こんな時間に食べて飲んで太るねー。」と言いながらも、お菓子をパクパク口に運んでしまいました。さすがカントリーマアムですね。最近東大観世会でやや話題の歌舞伎揚も皆さんよく食べられ、思いの外すぐになくなっていました。私はしばらく歌舞伎揚とは距離を置きたいです。元々は歌舞伎揚が好きなのですが、最近歌舞伎揚を食べ過ぎましたね。何事もほどほどが良いのです。 この日は明日のお稽古のことを考え、控えめに盛り上がりました。


二日目は神社の能舞台をお借りして練習を行いました。能舞台で練習できることはなかなかないですし、使用料も払っているので、ガンガン練習しようという感じで練習しました。午前中は舞や謡の確認をし、午後は能の小鍛冶を通しました。能舞台で仕舞のお稽古ができ、舞台の使い方の改善点が具体的にわかりました。 小鍛冶では地謡に入っているのですが、なかなか覚えられずだめだめです。神と頑張ります。先輩方に引っ張っていただくのではなく、自分たちでもしっかり謡えるように努力します。それにしても能をやるのは初めてなので知らないことがたくさんあり、難しいですが楽しい気もします。そして能舞台での練習後、お宿で再び練習をしました。お宿では謡の練習を中心に行いました。一年生は土蜘蛛を教えていただきました。

そして、夕食が済み、入浴をし、宴会をしました。ゆず胡椒味の柿の種が美味しかったです。この日の宴会では、M鍋さんのコブクロの「蕾」の熱唱が有りました。とても上手でした。M鍋さん、リクエストに答えてくださりありがとうございました。そういえば、太極拳サークルにも所属する神の鶴のポーズもありました。そのような感じでした。

三日目は午前中に神社の能舞台で練習をしました。各々の仕舞の確認と小鍛冶の確認をしました。この日はとても天気がよく、綺麗な青空と青々とした木々が見える能舞台での練習はとても爽やかでした。

お昼になりお宿へ戻り昼食を済ませ、午後は時間のある人だけ大山観光をしました。お宿から大山ケーブルの駅まで歩き、大山ケーブルに乗って阿夫利神社駅までいきました。大山ケーブルは来年のこの時期にはもう乗れないと聞き、今年乗ることができ、ラッキーでした。景色がとてもよく、綺麗でした。マイナスイオンをたくさん感じました。(本当にマイナスイオンなのかはわかりませんが、とにかく癒されました。)この日はスマホで写真を撮り合ったり皆で自撮りを録ったり景色を撮ったりと、たくさん写真を撮りました。スマホで写真をとりまくるなんて今時の大学生っぽいなと思いました。素敵な写真がたくさんできたと思います。

そんな感じでした。

文がうまくしまらないなーと思ってまた後で書こうと思っていたら、合宿からこんなにも日が経ってしまってしまいました。なんてこったですね。これ以上書けないと思いますので、こんな文章ですが載せてしまいますね。

それでは。

(ふ)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する