東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(10月第一週)

課題、予習やバイト、学園祭準備などに追われていたらもう一週間経ってしまいました。しかし先週のお稽古についてブログを書くと言ったので書きます。
今週のお稽古は、実家の犬が病気のため、栃木に帰り、お休みしました。ただ今月曜の朝ですがこれから東京へ帰り昼から授業です......。

先週のお稽古。
本女さんの賛助の演目、猩猩と吉野天人を合わせました。まだ謡を覚えていないため節や言葉を追うのに必死で、ガタガタになってしまい、反省します。

土蜘蛛。
語は謡とはまた違って新鮮で面白いです。しかし喉で声を出してしまっているため、喉が痛いです。能らしい声を出すというより、できるだけ大きい声を、お腹から出せるよう頑張ります。
土蜘蛛は主に1年生が役をやるため、合わせるのがとても楽しみな演目の一つです。

あと半年もしないうちに新入生が入ってくるんですね。まだ謡も舞も、何一つ確信を持ってやれていない自分が新入生を指導するなんて、と不安です。半年なんてあっという間に過ぎていきそうなので、1年生の間でも、少しずつにでもお互いの課題を見つける練習をしていきたいです。


(伊東)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する