東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏陰舎(11月第二週)

寒さが厳しくなってきましたね。お昼は晴れていればぽかぽかしていますが、日が落ちると寒いです。

今週の土曜日に小鍛冶の練習を行いました。お囃子をやってくださるOB・OGの方々も参加していただきました。私は初コミプラでした。コミプラは広く、地謡のときにいつもより先輩方の声が聞こえず不安になりました。不安になると声が小さくなりがちなので気を付けます。畳でない床での稽古では足がしびれやすかったです。足の裏をつりました。(冬に正座をすると私はよく足の裏をつります。)


日曜日のお稽古で、私は初めて駒場祭で一年女子も舞うことを知り驚きました。(神はもともと舞うつもりで、まは金曜日に知ったそうです。みんな思っていることがバラバラでした。)びっくりしました。確認を行うように気を付けます。

蝉丸の右足左足問題や土蜘蛛のフェードアウト問題など色々な個人的に直さなければいけない問題があるので練習します。

なんだかんだであっという間に自演会が来てしまう気がするので、一回一回のお稽古を大事にしていきたいです。

それでは。


(ふ)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する