東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自演会を終えて

「今年のシテは本当に元気だった」
あらゆる方からこのような感想をいただきました。
さて実際の私はどうだったかというと…
もう死にそうでした。

面から装束までフル装備していると、視界は本当に目の部分にあけられた小さな穴だけ。呼吸が十分にできません。さらにカシラが結構重い(キツネさんまでつけているとなおさら)ので、「小回りして差し込み開き」なんてフラフラせずにできる方が稀です。
一瞬でも気を抜いたらもう動けなくなる、そんな極限状態にありました。

あんな状態だったのに一畳台(←意外と高さがあります)に二回もとび乗り&とび降り、とび返りを三回とも成功させることができた自分、我ながらよく頑張ったと思います。自分が見所からどういう風に見えていたのかは分かりませんが、もしなんとか見られる形になっていたなら、それは日々の稽古の積み重ねが私に味方してくれたのかもしれません。

何かを感じたり考えたりする余裕などどこにもなく、とにかくただひたすらに舞いました。今は何をやって次は何がくるのか。目の前に迫りくることにとにかく集中しました。「気迫」「迫力」など感じ取ってくださった方がいたならば、このような状態が外にまで伝わったのでしょう。


さて、小鍛冶は私にとって思い出深い演目です。
大学一年のとき二回も小鍛冶を観る機会に恵まれ、両方とも素晴らしい舞台でした。目は瞬きするのも惜しいほど舞台に釘づけ・さらに舞台をみた衝撃で身動きが取れなくなったのを覚えています。能を始めたばかりの頃だったので「能ってこんなこともできるのか!」と大きなカルチャーショック(?)を受けました。

 その時の衝撃がどうしても忘れられず、「私がシテをやっていい」と決まった時からずっと小鍛冶実現のために突っ走ってきました。
前の年新歓で一人も新入生が入らなかったため人数は不足・他の演目よりワキが難しい・アクロバティックな型が多くシテも大変…などなどなど…本当に多くの壁にぶち当たり、いつの時期を切り取ってみても何かしらの「辛さ」と無縁ではいられなかったです。しかし今振り返ると、それらを1つずつ乗り越えていくことで辛さ・苦しさ以上の「学び」があったように思います。これはシテをやってみなければできなかった体験であり、本当に貴重なチャンスをいただきました。


そして忘れてはならないのは、私が小鍛冶を自演会で演じることができたのは周りの人がいたおかげ、ということです。ワキ・ワキツレ・地頭をはじめとする地の皆さん・囃子方の先輩方…などなど本当に多くの方が、忙しいにも関わらず私の我儘を受け入れてくださいました。本当にありがたかったです。頭数が揃ったというだけでも相当ありがたかったのですが、このメンバーで良かったのはそれだけではないです。私自身のモチベーションを保つ上でもとても良いメンバーだったのだと思います。噂で聞こえてくる激しい地謡練の様子は「私ももっと稽古せねば」と自身を鼓舞するきっかけとなったし、ワキ・ワキツレのお二人や囃子の先輩方が稽古で感じたことを伝えて下さったことで自分のどこを改善していくべきか稽古の指標となりました。ありがとうございました!

さらにご指導くださった祥六先生には、どれだけ言葉をつくしても感謝の意を伝えきれません。どこをとっても未熟だった私ですが、先生が見捨てることなく厳しくご指導くださったおかげで最後まで舞いきることができました。本当にありがとうございました。


今年もわずかですが体調など崩さぬよう生きたいと思います。皆さんも元気に年末をお過ごしください!



伊藤有紀子
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

伊藤さん
おシテ、お疲れさまでした。
人伝で良い舞台だったと伺いました。
拝見できずに本当に残念です。
社会人になってお能の時間がとれず歯痒い思いをしている私ですが、伊藤さんの文章を読んでやっぱり観たい、お稽古をしたいと思いました。
これからも頑張ってください。

さくらこ | URL | 2014-12-27(Sat)12:13 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。