東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏陰舎(5月第五週)

こんにちは。
ぱぴぷぺぽん酢の人です。

おとといの話になってしまいますが、一年生を連れ足袋ツアーに行ってまいりました。
新宿の津田屋さんというところです。
大変申し訳ない話なのですが、わたくし、当日遅刻しました。すみません。集合場所が新宿であるということが意味するところを忘れておりました。不慣れなくせに改札から集合場所まで最短距離で行けるはずがなかった。
というわけで私がみんなと合流できたのは、本日の目玉イベントであるはずの「一年生、初めてマイ足袋を手にする」が終わったあとでした。そして、飯食って帰りましたとさ。

午後はまた稽古です。
次回の師匠稽古では一年生が仕舞をだすことが決まったので、指導にも熱が入るというものです。
この日は、湿気がすごくてこれからの夏を危ぶむほどの暑さでした。クーラーはあまり働いてくれないし、窓開けると蚊が入るし、困ったものでした。お金は苦しいけど、蚊取り線香は魅力的だ。どこからか蚊取り線香生えてこないかな。にゅるって。
あまり、稽古の内容書いてませんね。取りあえず、一年生は熊野と紅葉狩りを本格的に舞い始めました。みなさん覚えがよくて大変すばらしいです。うらやまです。
上級生も頑張ってます。頑張ります。
私は強いものの半身で変な癖がついてしまったようです。がっでむ。どうしてくれよう。稽古すっか。そうすっか。
羽衣やり始めた彼女は、扇をバッサバッサする型をやってました。バッサバッサ。いいなぁ。バッサバッサ。

なんだかいつもよりひどくひどい文章ですね、すみません。
憑かれてますかね。明日も早いです。こっちも頑張ります。
それでは失礼します。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する