東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(6月第二週)

こんにちは。東大観世会新入生の、Kです。
今週からは1年生が週替わりでブログ更新を担当するということだそうで、厳正なるアミダクジの結果、私が最初の担当者になりました。

簡単に自己紹介をしておきます。私は九州出身の東大文一生です。高校では演劇をやっていました。以前からうすぼんやりとは伝統芸能に興味がありましたが、能には観世会に入ってほぼ初めてふれました。
まだ全くの初心者なので戸惑うことの方が多いくらいですが、楽しくお稽古に励んでいます。

さて、本題に入りましょう。
観世会ではいま、7月5日(日)に開催される五交会に向けてお稽古をしています。私たち1年生も初舞台を控えてお稽古が本格化してきました。今日は、午前中は祥六先生のお宅にお邪魔しての師匠稽古、午後は柏蔭舎に戻って衣裳合わせと通常稽古、という長丁場でした。
今日の師匠稽古では私は仕舞を見ていただく予定ではありませんでしたが、1年生全員で足運びや差込・開きの型を指導していただきました。それ以外はもっぱらほかの1年生や先輩方仕舞を見ていただく様子を見学しただけでしたが、とても緊張しました。先生のお話も拝聴することができました。まだよく分からないながらも能を演じるときの心がけについて知ることができました。
午後はまず、紋付や袴を部室から持ってきて、自分に合うサイズのものがあるか確かめました。私はとりあえず大丈夫そうだったので、今度実際に着てみることになりました。
ミーティングのあとは、ひたすらいつものお稽古。私は「羽衣」の地謡と「熊野」の仕舞のお稽古を先輩に見てもらいました。「羽衣」は前回練習した「紅葉狩」に比べてリズムや音程が難しく感じました。

さて、今回は初めてのブログ更新だったこともあり、だらだらと羅列的な文章になってしましまいました。もっとスマートに書けるようになりたいです。

それでは失礼します。
次週も同じく1年生が担当します!

(K 拝)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

OBのN島です。入学&入部おめでとうございます!
最初は正座が死ぬほどツライですが(笑)なんとか頑張ってください!秋のOB会でお会いできるのを楽しみにしています。

| URL | 2015-06-16(Tue)22:20 [編集]