東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(6月第三週)

こんばんは。一年の完です。
前回のブログ担当だったKさんと早速イニシャルが被ってしまっていますが、別人です。
これからよろしくお願いします。

土曜日には師匠稽古がありました。聞いたところによると、熱いご指導を賜ったようです。
私はその日、授業の一環でフィールドトリップがあり参加出来ませんでした。
貴重な経験を得る機会を一つ逃してしまい、とても残念ですが、横浜中華街で食べた胡麻団子は最高に美味しかったです。おすすめです。

日曜日には通常稽古がありました。
一通り仕舞を舞った他、謡を中心に練習しました。
私は邯鄲楽アトと清経キリの地謡に入らせて頂くのですが、五校会が近いということで、F木さんとK山さんに一対一で教えて頂きました。個別指導です。贅沢ですね。
どちらの謡も楽しいのですが、邯鄲があまりに特徴的なので、清経を謡っている時もひきずられてしまいます。
まだお腹から声を出すことも出来ませんが、先輩方についていけるよう精進します。

それと、新しい扇を頂きました。開く際にかくかくするところがなんだか嬉しいです。
新品なのでお稽古後、扇を握っていた一年生の手が黄色くなっていました。



(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する