東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(7月第二週)

こんにちは。1年生のKです。
五交会から一週間が経ち、一年生は熊野または紅葉狩に次いで二つ目の仕舞のお稽古に入ることになりました。でもそのまえに。

日曜日の通常稽古の前日、土曜日は師匠稽古でした。今回1年生は全員五交会に出した仕舞を見ていただきました。
先生に見ていただくたびに、前回までとは違った注意を受けます。以前注意を受けたところを直しても、いえ、直したからこそ新しい欠点を指摘していただけるのですね。「同じ注意を受けない」ということを私の目標にしたいと思います。

日曜日の通常稽古はミーティングに次ぐミーティング、最後にやっと土蜘蛛の地謡のお稽古をして終わりました。
五交会が終わっても、夏合宿、秋合宿、秋の会、自演会、……と行事は目白押しです。これらを踏まえてお稽古の計画を立てていかねばなりません。なおこのミーティングで、私は駒場祭の係をやることになりました。詳細は未定ですが、駒場祭、お待ちしております!!
そうこうしているところへ、先輩方がいらっしゃいました。聞くところによると、観世会の先輩のご結婚式があったとのこと。おめでとうございます!!式に出席なさった先輩方がその流れで柏蔭舎へいらしゃったということでした。自己紹介等をした後、私はその先輩方に謡のお稽古をしていただきました。お会いできて嬉しかったです。改めて、ありがとうございました。

それでは、今週はこのあたりで。

(K 拝)

追記(2015.07.20):手違いで本来更新すべきタイミングに更新ができていませんでした。申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する