東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(7月第四週)

今週はテスト期間真っ只中でしたが、きっちり6時までお稽古をしました。

一年は引き続き、先週決めた次の仕舞を練習し、他の人の仕舞の謡や「土蜘蛛」のセリフ部分を習いました。
「紅葉狩」や「熊野」を習ったときとは違い、同時並行でいくつもの謡を覚えているので大変です。
「猩々」と「鶴亀」はさらっと一通り教えてもらってなんとなく謡えるようになったのですが、土蜘蛛のシテの語りは謡と全く違うので、一言、一言に相当時間がかかりました。シテの重々しい語りとは対照的に、完ちゃんの胡蝶はさらさらと流れるような候調の語りだったのですが、そちらも難しそうだなと思いました。
私の次の仕舞である「草紙洗小町」は「紅葉狩」に似ていて、動きとしては難しくないのですが、逆に似ていることが、私を混乱させています。流れで覚えられるようにもっと練習します…。

二年の先輩方が次の仕舞を謡と合わせていたので、「竹生島」「敦盛」「杜若」を初めて見ることができました。仕舞の動きも新鮮だったのですが、「熊谷次郎直実」という国語の時間に習ったような言葉が出てきて面白かったです。
テスト勉強が忙しい中、自分たちの仕舞だけでなく、「経正」や一年の仕舞、「土蜘蛛」などを並行して進めていく先輩方を本当に尊敬します。

(優)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する