東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(8月第四週)

飼っている犬がトリミングで子ヤギのようになりました、完です。


8月第四週のお稽古は、帰省などで一年が私一人でした。
一方でI藤さんやT山さんなど上級生がいらしていて、普段と雰囲気が違い新鮮でした。
いつも通りF木さん、Mあやさん、K山さん、M鍋さんもいらっしゃいました。

最初はM鍋さんの経正の舞囃子の稽古をしました。
秋の会で出す際には私は地謡に加わらないのですが、能の経正には加わるのでモチ謡を教えてもらい、一緒に稽古していただきました。

その後は各自の仕舞の稽古をしました。
F木さんの杜若は謡が面白いです。でも難しそうです。今までに聞いたことのない音程の音がしました…。
Mあやさんの竹生島は格好いい型がたくさんあって面白いです。
K山さんの敦盛は見ているだけで謡を全部覚えそうで面白いです。
何を見ても面白くて楽しいこの頃です。

私は他にT山さんに吉野天人の地謡を教えて頂いたのですが、なんというか、音をとるのって難しいですね。
クリから上ウキへ下がる箇所が苦手で、そこだけ集中的に特訓していただきましたが、習得はまだまだ先になりそうです…。


この日はT山さん、M鍋さんが下さったお土産でおやつが豪華でした。
観世会に入ってからお土産を買う意味を学びました。みんなで食べると楽しいですね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する