東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(8月第五週)

「直面」を「ひためん」と読めたらかっこいいなと思っている、優です。

今週もいつも通り稽古がありましたが、今回は稽古のことより虫干しのことを書きます。

虫干しは8月31日から3日間行われ、私は3日とも参加しました。普段は遠い見所からしか見ることのできない装束や小物を、近くでじっくり見ることができました。
虫干しに行く前は先輩から何をするのかを聞いて、自分に修繕(お針)なんてできないと思っていました。しかし、実際は装束の量が多く、装束を包む”たとう”の紐をほどいたり、結んだりするだけでも仕事になるくらいでした。
虫干しにはOBのG味さんもいらっしゃいました。わざわざ休暇を合わせて東京に来ていたそうです。今回が5年目で手慣れており、心強かったです。
今年は装束を干したり畳んだりといった作業もさせていただいたのですが、G味さん曰く、以前は装束を触らせてもらえなかったそうなので、貴重な体験ができてよかったと思います。
干し終わった後には唐織、縫箔、狩衣などの装束の名前や色、模様の名前を教えていただきました。今年は員数の時に何もできなかったので、数年後には員数の手伝いができるように覚えたいです。

来年も予定が合えば参加したいと思います。

(優)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する