東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(1月第三週)

Kです。
今日はセンター試験で駒場に入れないので、文京区の白山東会館でのお稽古でした。たぶん受験生は一人も読んでいないと思いますが、受験生の皆さんは試験しっかり頑張って(、大学生になって東大観世会に入って)下さいね!

また昨日は能狂言研究会三派合同での新年会も行われました。能狂言研という一つの団体とはいっても三派合同での行事は多くはないので、貴重な交流の機会となりました。

さて、年末年始に帰省していたこともあり、私は今日が初稽古でした。3月の春四(春の四大学交流会)で私は仕舞「合浦」を舞うのですが、今日はその初めてのお稽古で、初めて半身の型を習いました。初めてづくしです。
初めての半身の型は今までの動き方とはまた違う難しさがあり、4月に初めて扇をもって摺り足と差込開きを教わった時のような、体が思うように動かない歯がゆさを感じましたが、一方でまた一つ新しいステップを踏み出した嬉しさも感じることができました。

それでは、今週はこのあたりで。

(K 拝)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する