東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(2月第三週)

Kです。

まずは伏線回収から。1月第四週のブログで「稽古の成果はいかに……?」と言っていた「合浦」の師匠稽古ですが、「だいぶ上手くなってきましたね。よくお稽古されたのでしょう」と褒めていただきました!!!すごく嬉しいです!!!

さて、春四がかなり迫ってきたので、今週のお稽古は舞囃子「鞍馬天狗」「養老」の申し合わせもあり変則的でした。私はそのどちらにも入っていないため初めて先輩の「養老」を見たのですが、舞がすごく速いですね。驚きました。

稽古翌日の22日には師匠稽古もありました。仕舞「合浦」「善界」と舞囃子「鞍馬天狗」を見ていただきました。
「善界」は本来私と先輩二人の三人地なのですが、今日は先輩がお二人ともいらっしゃらないということで、なんと一人で謡うことになってしまいました。まだ一年生だというのに。先生も謡ってくださったので何とか事なきを得ましたが、本当に大変でした。しかし早いうちから良い経験ができたのでよしと思うことにします。
またお稽古の後に、「安宅」の有名なおしくらまんじゅう(?)のシーンをちょっとやってみようということになり、ミニワークショップのような体験をすることができました。なお結果的に、完さんの安宅を見たことがなかった疑惑(1月第五週参照)はさらに強まったのでした。

それでは、今週はこのあたりで。

(K 拝)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する