東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

春四(一日目)

世界史Bを取っていたはずなのに、(ボッティチェリと同じくらい有名らしい)カラヴァッジョを全く知らなかった優です。

今年の春四は東大が幹事校となり、準備から進行まで行いました。

一日目は午後から素謡大会があり、東大は、女性が「吉野天人」、男性が連吟「田村」を謡いました。
私が一番面白いと思った素謡は「紅葉狩」で、前半は優雅な紅葉狩りの様子を謡っているのに、後半から土蜘蛛のように詞章も謡も激しくなり、維茂と鬼が戦っている様子が容易に想像できて楽しかったです。

素謡大会の後はいくつかのグループに分かれて夕食ツアーに行きました。
私のグループは谷根千で食べ歩きをする予定だったのですが、前日に下見に行ったところ、すでに売り切れたのか多くの店がしまっており、急きょ宿の近くのタンメンのお店に変更しました。宿から谷中まではかなり歩きますし、当日は雨が降っていたので、下見に行っておいて本当によかったです。
谷根千の食べ歩きは面白そうなので、今度お昼時に行ってみようと思います。

(優)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する