東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎など(6月第二週)

6月12日日曜日午前7時40分、電車に揺られて師匠稽古のためにU駅を目指す私は重大なミスに気付きました。
今日に限って朝5時半に目が覚めた私は、何を思ったかいつもより1時間近く早く自宅のアパートを出発していました。電車がU駅が近づくにつれて事の重大さが分かってきます。このまま順調に(?)いけば、まだ6月の朝とはいえ日向に1時間突っ立って待ちぼうけになってしまいます。梅雨入りしたというのにここ数日カンカン照りなのです。
どうすべきか?もちろんU駅近くのファーストフードや喫茶店にでも入るという選択肢もあったのですが、ここで私は驚きの選択をします。手前のK駅で電車を飛び降り、なんとU駅まで徒歩で向かうことにしたのです。屋外棒立ち待機が嫌だから目的地まで徒歩で向かうという逆転の発想!我ながら意味が解りません。
しかしながら、結果的に楽しいお散歩になったので良しとします。K駅からU駅までの道のりは3~4km程度ですから、決して大変な距離ではありません。むしろ、それでも集合より20分早く着いたので近くの神社の木陰でひと休みするなどすることもでき、個人的な満足度はかなり高かったです。

……はい!どうでもいいですね!
ちなみにこのときの足の疲労はこのあと3時間の師匠稽古の正座に響いてくるのですが、その苦しみについては別のお話です。

今日の午前の師匠稽古は1年生の初師匠稽古でした!ガチガチに緊張した二人の1年生に「なぁに、そんなに心配しすぎなくても大丈夫だよ!」なんて言ってしまいましたが、実は私の方が初めての地頭(1年生の「紅葉狩」)で緊張しきっているのでした。
3時間にも及ぶご指導をいただいたあとは、皆で近くのインドカレー屋に入りました。みんな正座で足が痛いので「テーブルと座敷どちらがいいですか?」の質問には「テーブル!!」と即答です。

駒場に戻っての通常稽古からはもう一人の1年生も加わってお稽古です。先ほどの師匠稽古で直された部分を中心にお稽古を進めていきます。
話し合いのときのおやつは、先日先輩が東京ジャーミィというモスクで買ってきてくださったお土産のチョコレートでした。

長く足の痛い一日は18時の稽古終了でようやく終わりました。

以上、先日友人からブログの内容が面白くないと言われたKでした。
それでは、今日はこのあたりで。

(K 拝)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する