東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

五交会2016(7月第一週)

Kです。

7月3日(日)は杉並能楽堂で五交会でした!
いまさらかもしれませんが、五交会は法政・一橋・日本女子・早稲田・東京の五大学合同で毎年7月の第一週に行う発表会です。
新入生のお披露目&初舞台としての位置づけもあり、会の前半では新入生による初々しい「熊野」・「紅葉狩」が次から次へと披露されるのです。新入生はみな多少なりとも緊張しているようで、切戸口に頭をぶつけるなどといったハプニングもありましたが、無事に初舞台を終えることができました。なんというか……微笑ましささえ感じますね。可愛い後輩ができて、そうかいよいよ私も2年生になったんだなぁ、と実感します。

さて、私は「清経キリ」を舞いました。おおむね稽古通りにできたのですが、いくつか上手くいかなかったところもあります……。どうやったら本番で100%を出し切れるのか……。永遠の課題です。
しかし夜の懇親会では他大の先輩にお褒めの言葉もいただくことができて、内心ガッツポーズでした!これからの稽古の励みになります!

また、五大学“交流”会ですから、他大の先輩・同期・後輩と交流することもできました。他大の後輩の着付けを手伝ったことがきっかけでお喋りしたり、同期の舞の上手さに愕然としたり、現代の絶滅危惧種・ガラケーユーザーの先輩にシンパシーを感じたりしました。

舞台はもちろん懇親会まで含めて非常に充実した会でした。幹事校の法政大学のみなさま、ありがとうございました!!

しかしこの日は暑かったですね。東京の最高気温は35℃近くにまで達したそうです。実は個人的な趣味で自宅アパート~能楽堂間(約5km)と能楽堂~懇親会会場間(約4km)は徒歩で移動したのですが、汗だくになってしまいました……。

それでは、今日はこのあたりで。

(K 拝)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する