東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週の柏蔭舎(7月第三週)

来週から長崎に免許合宿に行き、そのまま一週間ほど帰省する、優です。

五校会が終わり、それぞれ新しい仕舞に取り組んでいます。
私は三週間ほど稽古に出られないので、弱いもの(半身でないもの)から選び、〈杜若〉にしました。ちょうど五校会で、法政の二年生が舞う〈杜若〉を見てきたので、それに負けないように頑張りたいです。
同期は〈経正〉と〈竹生島〉を選んでおり、半身の新しい型を学んでいるのを見ると、少しうらやましくなります。跳び返りはやはり憧れますね。

春から始めた大鼓は、ようやく羽衣クセを通しで実際に打つところまで来ました。
憶えたつもりだったのですが、音が上手くな鳴らないことに気を取られて、手(打ち方)を忘れることが多く、8割くらいのできでした。次こそは完璧にしなければ!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。