東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(7月第四週)

Kです。

駒場はただいま試験中。図書館は連日大入り満員……ですが柏蔭舎ではいつものお稽古。さすがに人数はやや少なめですが、各自の仕舞から能「羽衣」の稽古まで盛りだくさんでした。
ところで試験中だというのにキャンパスを歩いているみんなはなんだかスマホに夢中でどうしたんでしょう?私ガラケーなんでちょっとよく分からないですねぇ……。

それはそれとして。
さて私の趣味は観劇と町歩きなのですが、今月は少し多めでお芝居を6本(うちDVDで2)、ダンスを1本、歌舞伎を1本観ました。観過ぎでは?と思われる向きもありましょうけれど趣味ですから楽しくて仕方ありません。
しかし白状しましょう。いくら趣味でも、いくら楽しくても、いやたとえタダでも、日程を調整してチケットを取って劇場に足を運ぶのってわりと手間ですし、たまにはめんどくさくなることさえあるんです。しかもそこまでやってハズレを引くこともないわけではありません。
その点、最近配信開始した某スマホゲームはシンプルですよね。確かに手間暇かかるでしょうけれど、あちこち出かけてたくさん歩けば必ずそれなりの成果は得られるわけでしょう?そりゃみんな試験そっちのけでモンスターの捕獲に勤しむわけです。
そう考えると、わざわざ私たちの発表会を見に来て下さるお客様が、それはもうありがたい存在に思えてくるわけです。これはド素人なりにも頑張って少しでも楽しんでもらわなくちゃいけないぞと思うのは自然ではないでしょうか。

今回の私の仕舞は「竹生島」。跳んだり跳ねたり華やかですが、一気にレベルが上がったのを感じています。4月に能の竹生島を観る機会があったのですが、それはもう格好良くて感激したものです。そこに少しでも近づけるようにと思いながら、稽古に励んでいきます。

それでは、今日はこのあたりで。

(K 拝)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する