東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(10月第四週)

『ダヴィンチ・コード』で有名な、ダン・ブラウンの最新作『インフェルノ』の映画が楽しみで、
ずっと頭から離れない、優です。
(能と『インフェルノ』は全く関係がないわけではありません。)

今日は午前中に、能の前半をお囃子の方と合わせました。羽衣の前半はワキのセリフが多く、地謡の出番があまりないため、地謡に参加していた私は正座の練習がメインだったように感じました。じっと動かずに正座をしているのは本当に辛いです…。

お稽古についてはあまり面白いネタがないので、先日の閑能会について書こうと思います。

能は融で、狂言が隠狸(かくしだぬき)でした。
仕舞で一番印象に残ったのは、シテが女性の安宅です。動きが大きくどっしりとしていて弁慶らしさが表れており、さすがだなと感心しました。
狂言に関しては、狸の作り物がでてきたのですが、かわいらしくもシュールなぬいぐるみで何度も笑いそうになりました。また太郎冠者が自分で謡いながら舞を舞っている場面があり、地謡付きで舞うのに慣れているため新鮮に感じました。
能については、前半を半分眠りながら見ており、名所尽くしでようやく目が覚めました。謡本を見ないようにしていたのですが、やはりセリフが理解できないと睡魔に襲われやすいようです。今日の融大臣の装束は、大きい紋が入った黄色の直衣(狩衣?)で、光の加減によって月の権現であるかのように感じたのは、装束を選んだシテの意図だったのでしょうか。

12月も閑能会があるので、また見に行きたいです。

(優)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する