東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の稽古

明日が師匠稽古だし、4月になると新歓やらなんやらでなかなか稽古できないと思ったので、今日はみっちり稽古しました。
具体的には、明日の師匠稽古に出す仕舞の「嵐山」と、素謡の「経正」のシテ、そして今度やる舞囃子「猩々」の練習を主にしました。

「猩々」の中の舞は、今日は2回目の稽古ということで、時々戸惑いながらも何とか最後までできるようにはなれた。曲がりなりにも一度完全に通す経験をすることで、頭の中も整理されるし、できたという自信もついたのでよかった。ただ配りがまだまだ覚え切れていなかったり、所々怪しいところもあったので、回数をこなすことで練度を高めていきたいし、最終的には「猩々」らしい舞ができるような所まで持っていきたい。
その後、シテ謡とキリの舞も教えてもらった。シテ謡は結構難しいけれど、決してできないレベルではないし、その分やりがい、練習しがいがと思うので、しっかり稽古して上達していきたい。


卒業生の方は柏蔭舎稽古としては今日が最後の稽古である一方で、早くも入部希望の人が一人見学に来てくれていて、世代の移り変わりを感じさせられたというか、なんだか寂しかったです
卒業生のみなさん、改めましてお疲れ様です(*^_^*)

BY かわ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そうだね。実は卒業生は今日が最後の柏蔭舎稽古だったんだね。。。明日の追いコンでは精一杯感謝の気持ちを伝えたいよね。
今日見学に来てくれた人、ありがとうございま~す!!名前すらまだ聞いてなくて、スミマセン。次の稽古では実際に体験してみてくださいね!

けんた | URL | 2006-03-27(Mon)01:09 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。