東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(12月第三週)

自演会後のブログは、能のシテを務めた人の担当なのですが、時間がかかるそうなので、少々お待ちください。
今週はつなぎとして、新しく会長になった私(優)が書きます。

まずは、お忙しい中、自演会にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
皆様のおかげをもちまして、今年も無事に合同自演会を終えることができました。
矢来能楽堂で開催するのは初めてで、ご迷惑をおかけした点も多々あったとは思いますが、今年度の反省をしっかりと行い、来年はもっとよい舞台になるよう努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
来年の自演会は、12月16日㈯に、同じく矢来能楽堂にて開催いたします。ぜひお越しください。

さて、自演会についての個人的な感想を書きたいと思います。

私は能「羽衣」に地謡の一人として参加しました。まず一番に思ったのは「立ててよかった」ということです。私は東大観世の中でも、特に足がしびれやすいので、終わった後立てるかどうかがずっと心配でした。クセが一番しびれていて、序の舞でなんとか途中まで直し、破の舞で深く足を組んで片方だけでも使えるようにしたのですが、切戸まで転ばずに行くのが精一杯でした。プロの能楽師の方のように何事もなく切戸に入っていくのを理想としていたのですが、実際は難しかったです。
謡に関しては、全体的なイメージを意識して謡うことはできたのですが、もっと一つ一つの語句の意味まで考えて謡えたらよかったなと反省しています。

受付などの仕事もあってあまり他の演目を見てはいないのですが、私が見た中では若手OGの舞囃子「蘆刈」が一番印象に残っています。お囃子のメンバーが能のお囃子と同じで驚かされたのはもちろん、シテ謡も舞もかっこよく、覇気がありました。特に、スピードが乗った時の止まり方がきれいで、どうにかその技術を盗めないものかと思いながら見させていただきました。

翌日の稽古は賞味期限の近い差し入れを食べつつ、自演会の反省をしました。京大観世会さんからいただいた阿闍梨餅がとても美味しかったです。ありがとうございました。

来週は一橋の自演会に賛助としてお邪魔します。

(優)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する