東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

今週の柏蔭舎(6月第一週)

新歓や授業が忙しくてブログの更新まで手が回らず、気づけば6月になっていました。
最近はようやく授業数が減って、展覧会や公演に行き始めた、優です。(もう三年生!)

新歓期が終わり、東大観世会は新しく5人のメンバー迎えて、にぎやかに活動しています。
今年の新入生は学校や学年、能学歴(?)もさまざまで、とても面白いです。
今は、五交会に向けて仕舞や謡をがんばって覚えてもらっています。

ただ、たくさん新入生が来てくれたのは嬉しいのですが、二年生以上でお稽古に来ているのは4人なので、教える人手が足りないことが多く、お稽古のたびに「どうすれば上手く場と人を回せるか」と頭を悩ませています。
また、新入生の仕舞を一通り教えることを最優先にしていたため、二年生への指導や自分の仕舞がおろそかになってしまって、こちらもテコ入れが必要そうです。バランスって難しいですね。

以下は、新入生の初舞台となる五交会の詳細です。

五大学交流会
日時:7月2日㈰13時開演16時頃閉会予定  場所:杉並能楽堂
内容:東大、法政、一橋、本女、早稲田の観世会による合同発表会、仕舞多数

今年も新入生による熊野がたくさん出るようで、東大観世会は紅葉狩を多めに出す予定です。
また、二年生は初めての舞囃子で西王母を舞い、ある三年生はお囃子デビューです。
かくいう私は、跳び返りに初挑戦します。裾を踏んで転ばないように気を付けます!
お時間のある方はぜひ。

(優)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する