東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週の柏蔭舎(8月第二週)

お久しぶりです。新入生のHです。

気づけば秋の会まで一ヶ月も無いというこの衝撃。あれ?よくよく考えると8月も折り返しに突入してますね。おかしいな、ここまでの夏休みを振り返ると、スマホを壊したことと能のことしか思い出せないのですが。8月第一週で能しかやっていなかったので致し方ないでしょう。合宿での八割講座のおかげで謡いがより身近な(?)ものになり、ふとした時に謡いが頭の中で流れ出すということもあります。先日もご飯を盛りながら紅葉狩を謡っていたら「お経みたい」と母に言われました。解せぬ。精進します。

今週は、お盆だからでしょうか、人数がいつもより少なかったのですが、稽古はいつも通りの密度であっという間でした。柏蔭舎備え付けの時計の電池がきれたままになっているのに私が腕時計を悉く忘れることも、時を忘れる一因となっているのですが、それはさておき。今回の稽古で、私は特に構えとはこびを練習していました。というのも、先日の師匠稽古で、改めて姿勢と足の動きを注意されてしまったのです。前傾姿勢やすり足、能独特の重心移動は私にとって大変難しく苦労しております。自分の身体を思い通りに動かすのは難儀なものです。足の指ひとつきちんと動かせません。先輩方の動きも観察しつつ練習していきたいと思います。

さて、今週の稽古では、秋の会に向けた仕舞の練習に加えて、秋の会にも舞囃子として出す花月の謡いを練習しました。今回の稽古では、「もち謡い」を教わりました。もって謡うと音の長さが変わり、リズムが変わってしまいます。まだ9割耳コピで謡っているので大変苦労しました。え?せっかく八割講座を受けたのに未だに耳コピでやっているのかって?頭でわかっていてもできないことはあるものです。先輩方が用意してくださった八割を見ながら四苦八苦しております。八割をある程度読めるになったことを成長だと思いたい。秋の会までに謡えるようにならねばなりません。精進します。

以上、拙文失礼しました。Hでした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。